横浜市

市営の横浜市南部斎場の評判や特徴、アクセスや駐車場の有無を調査!

市営 横浜市 南部斎場 評判 特徴 アクセス 駐車場

編集長ツムグ
「横浜市南部斎場」は、神奈川県横浜市(港南区、金沢区、磯子区、中区、栄区、etc.)のお葬式でよく利用されている斎場です。

このページでは、そんな横浜市南部斎場の特徴や利用者の口コミ、予約の仕方などについて調べたことをまとめています。

それらを基に横浜市南部斎場を利用するメリットやデメリットについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

斎場を検討する際は、まずは横浜市の「市営斎場」からチェックするのがおすすめです。

市営斎場は、民営斎場に比べて使用料が安価なのが特徴。

火葬場併設のところも多く、その場合は移動の負担が少ないというメリットがあります。

ちなみに、横浜市には以下の通り市営斎場が全部で4つあります。

このページで取り上げている「横浜市南部斎場」もそのうちの1つ。

※久保山斎場だけは葬祭ホールがないため、通夜や告別式を行うことができません。

施設名 所在地
久保山斎場 西区元久保町3番1号
戸塚斎場 戸塚区鳥が丘10番地の5
南部斎場 金沢区みず木町1番地
北部斎場 緑区長津田町5125番地1

横浜市南部斎場は、主に次の地域の人たちによく利用されています。

港南区、金沢区、磯子区、中区、栄区

他の地域の人でも、次の2つの条件に合致するなら利用する価値は大いにあるでしょう。

  • 参列者の多くが足を運びやすい
  • 使用料が予算内に収まっている

では、そんな横浜市南部斎場とは、一体どんなところなのでしょうか?

以下に詳しく解説していきます。

横浜市南部斎場とは

市営 横浜市 南部斎場 評判 特徴 アクセス 駐車場

横浜市南部斎場は、横浜横須賀道路の朝比奈インターチェンジを降りて車で約5分のところにあります。

火葬場併設の斎場なので、通夜から火葬、初七日の法要までを全て一箇所で行えるため便利です。

車両費用(マイクロバスなど)がかからないのも見逃せないポイントですね。

緑に囲まれた山の中にあるため、周囲は静かで落ち着いた雰囲気。

その反面、どの駅からも歩いて行くことはできない場所にあります。

比較的近い「金沢文庫駅」「金沢八景駅」「六浦駅」(全て京浜急行)でさえ、いずれも5キロ以上の距離があります。

よって、アクセスの面で自家用車がなければ、不便なのがややネックです。

火葬炉10基、葬祭ホール2室、休憩室7室を備えた施設として平成3年9月に開設されました。

横浜市南部斎場の基本情報

住所 神奈川県横浜市金沢区みず木町1
開場時間 8:45~17:00
休館日 元旦・1月2日・友引
※友引日でも開場している場合あり(4つの市営斎場のうち1つは開場することになっているため)
駐車場 74台
施設概要 建物:2階建て
火葬炉:10基
休憩室:7室
葬祭ホール:2室
ロビー
控室
アクセス 【バスを利用する場合】
■神奈川中央交通「大船駅行き」「上郷ネオポリス行き」「本郷車庫前行き」「庄戸行き」のいずれかに乗車し、「隧道東口」で下車、「朝比奈交差点」から斎場進入道路に入り、徒歩10分。
■京浜急行バス「鎌倉駅行き」に乗車し、「相武隧道」で下車、「朝比奈交差点」から斎場進入道路に入り、徒歩10分。
【タクシーを利用する場合】
京浜急行「金沢文庫駅」西口から、タクシーで約15分
【車で向かう場合】
■金沢八景方面からは、県道原宿六浦線「朝比奈交差点」を右折し、斎場進入道路に入る。
■栄区方面からは、県道原宿六浦線「朝比奈交差点」を左折し、斎場進入道路に入る。
■横浜横須賀道路を利用する場合は、朝比奈ICで降り、「公田・大船方面出口」に進み、原宿六浦線へ出てから「朝比奈交差点」を右折し、斎場進入道路に入る。
主な特徴 【公営斎場】【安価】【駐車場あり】【火葬場併設】【宿泊可能】【音響設備あり】

横浜市南部斎場の特徴、葬祭ホールや駐車場の大きさは?

市営 横浜市 南部斎場 評判 特徴 アクセス 駐車場

編集長ツムグ
さらにもっと詳しく見ていきましょう!

横浜市南部斎場ならではの特徴や、メリットとデメリット、チェックすべきポイントは次の7つです。

使用料が安価

横浜市南部斎場をはじめ、横浜市の全ての市営斎場は、基本的には誰でも利用することができます。

但し、使用料に関しては、故人の死亡時における住民票の住所が「横浜市内」「横浜市外(他市町村)」かによって異なっています。

故人の住所が市内の場合は、市外の場合よりも火葬炉や葬祭ホール、休憩室などの使用料が安価に設定されています。

市外の場合でも決して高価というわけではなく、民営斎場と同じくらいか、それよりも安価なケースも多くありそうです。

尚、各施設の使用料に関しては下記にまとめた通りです。

葬祭ホール

種類 横浜市内 他市町村(市外)
1・2階ホール 50,000円 75,000円

火葬炉

横浜市内 他市町村(市外)
12,000円 50,000円

休憩室

種類 横浜市内 他市町村(市外)
40人用 5,000円 7,500円
20人用 2,500円 3,750円

ロビーが広くて開放的

ロビーが開放的でゆったりとしたスペースになっているのも、横浜市南部斎場の特徴の1つ。

ソファが多数設置されており、待ち合わせの際も快適に過ごせるはずです。

多少参列者を待たせたとしても、「不快な思いをさせていないか・・・」と、心配になることも無さそうです。

家族葬や一般葬に適した葬祭ホール

通夜や告別式などを行うための葬祭ホールが、斎場の1階と2階にそれぞれ1つずつあります。

1階ホールは、着席人数50人、参列者の数は約150人に対応できる大きさです。

そのため、家族葬や小規模の一般葬を執り行うのに適しています。

2階ホールは、着席人数80人、参列者の数は約300人に対応できる大きさです。

そのため、中規模以上の一般葬を執り行うのに適しています。

音響設備が整えられており、おそらく多少の凝った演出などは可能であると思われます。

故人らしいお葬式、個性的なお葬式を希望の場合は、葬儀社に色々と相談してみるといいでしょう。

尚、利用時間については下記の通りです。

種類 通夜の日 告別式の日
1階ホール 通夜:18:00~19:00 告別式:10:00~11:00
利用時間:15:00~21:00 利用時間:9:00~12:00
2階ホール 通夜:19:00~20:00 告別式:11:00~12:00
利用時間:15:00~21:00 利用時間:9:00~13:00

控室で宿泊も可能

親族控室にて、通夜当日に最大5名まで宿泊が可能です。

故人とのお別れの時間をゆっくりと過ごしたければ、ぜひ宿泊をされてみてはいかがでしょうか。

但し、寝具などは自身で持ち込むか、葬儀社にて手配が必要。

詳しいことは、事前に葬儀社に確認を取るようにしましょう。

比較的広い駐車場あり

アクセスが悪いだけに、確実に自家用車を停められる駐車場が欲しいところ。

ですが、特に心配することは無さそうです。

普通車64台、バス10台を停められる専用駐車場があるからです。

自家用車以外で向かう場合は、バスかタクシーを利用しましょう。

火葬場にはお別れ室がある

私も経験があるのですが、棺が火葬炉の中に入れられる瞬間は、悲しさと寂しさで何とも言えない気持ちになります。

「もう、これで本当にお別れなんだ」

そんな感情に支配されて、大切な人の死を最も強く感じるのが、もしかしたらこの瞬間なのかもしれません。

なので、火葬の前に最後に大切な人の顔を見届けることは、とても大切なことだと思います。

もし、この時間が慌ただしく過ぎ去ってしまうなら、きっといつか思い出して後悔するでしょう。

でも、横浜市南部斎場の火葬場にはお別れ室があるので、そんな思いはしなくて済みます。

お別れ室では、静かに落ち着いた雰囲気の中で最後のお別れができるはずです。

お別れ室では、10分程度の読経、焼香などが行われます。

安置施設は無い

横浜市南部斎場には、というより、横浜市の市営斎場にはどこにも安置施設がありません。

よって、自宅安置ができない場合は、他に安置できる場所を探すなど、何らかの対策を考えなければいけません。

その際、直ぐに問題を解決したければ、信頼できる葬儀社に聞いてみるのが最も確実な方法です。

いざという時になってから焦ったり、後悔したりしないように。

まだ葬儀社が決まっていなければ、葬儀社探しから始めておきましょう。

横浜市南部斎場の評判や口コミは?

市営 横浜市 南部斎場 評判 特徴 アクセス 駐車場

「いい葬儀」というサイトから、横浜市南部斎場の評判を調べてみました。

ちなみに、いい葬儀での評価点数は、以下の通りになっています。

サイト名 点数(5点満点中)/評価件数
いい葬儀 3.8点/34件

5点満点で3.8点と、なかなか高い評価を獲得していました。

評価の具体的な内容については、34件あった口コミの中から参考になるものをピックアップして紹介します。

鳥の声と木々の中で静かで気持ちの良い場所です。
車では有料の道路を使えば問題はないが、一般道路は混んでいます。
我が家からはどちらを使っても時間的には変わりありませんが、電車とタクシーを使うと思うと場所的には不便かもしれません。
トイレなど改装している所と古い感じの場所とありましたが、綺麗にしているので、さほど気になりませんでした。

友人の葬儀が南部斎場で家族葬として行われました。
少人数の出席者でしたが、バス停からも近く、大きな斎場でした。
駐車場も十分なスペースが確保され、落ち着いた雰囲気の中で管理が行き届いている感じでした。
少人数の家族葬でしたが、係員の対応もよくそれなりの印象でした。
通夜・葬儀・火葬が一体で出来るのは良かったので、私もこのような葬儀がいいと感じました。

非常にアクセスが良く、車ですぐに到着できました。
駐車場も広くてバリアフリーも完備しています。
予想外に早く会場前に着いてしまいましたが、父親の身体が不自由なことを相談したところ、すぐに車椅子を貸して頂き、ロビーで休ませて貰いました。
家族葬でしたが、準備もしっかりしており、各係員の方にも親切に対応して頂きました。
待合室のロビーは非常に広く落ち着きがあり、家族の緊張もほぐれた様子でした。

南部斎場は火葬場も併設されてるので、仕方ないとは思いますか、やはりアクセスは良くないです。
最寄駅からバスで来るにも分かりづらく、マイクロバスを出す必要がありました。
斎場自体は綺麗ですし、精進落としもそちらでいただきましたが、テーブルと椅子席の両方のあるお部屋でしたので、足の悪いお年寄りにはテーブルに座っていただくことができて良かったです。
葬儀の始まるまでの待合室には茶器はあるのに、お茶っぱの用意はなく、弔問客が飲むことができなかったのが困りました。

市の施設なので安心して利用できました。
山の中にあり交通の便がとても悪いため、参列の方に申し訳なかったと感じております。
車で参列の方は、インターから近いので便利だと思いますが・・・
徒歩の方はバス停からもそれなりに距離があり、坂道ですのできつかったと思います。
施設もまだそんなに古くないため、その点は安心して使用できました。

良い口コミとしては、施設自体は決して新しくはないものの「綺麗にしている」「管理が行き届いている」など、清潔であることを評価する声が複数ありました。

「バリアフリーも完備」「ロビーは非常に広くて落ち着きがある」「テーブルと椅子席の両方のある部屋で良かった」など、施設に関しては高評価が並んでいます。

また、「駐車場も広くて十分なスペースがある」といった口コミも、複数見受けられました。

「自然が多く静かで気持ちの良い場所」「市の施設なので安心して利用できた」などの口コミも、横浜市南部斎場ならではといった感じがしますね。

逆に悪い口コミとしては、おそらく予想通りかとは思いますが「場所的には不便」「交通の便がとても悪い」といった声がとても目立ちます。

やはり、車以外でのアクセスの悪さは、多くの人が感じているようです。

さらに、「マイクロバスを出す必要があった」「バス停からも多少距離があって、坂道なのできつい」といった口コミもあり、これらは利用を検討する上では決して無視できない、1つの課題ともいえそうです。

特に遠方からの参列者が多い場合や、年配の方が多い場合は、駅と斎場を往復するマイクロバスの手配も検討すべきかもしれません。

ちなみに、横浜市南部斎場は多くの人に利用されているので、希望の日程でお葬式ができないことも予め想定しておく必要があります。

そんな時のために、並行して他の市営斎場(北部斎場や戸塚斎場)も検討しておくことをおすすめします。

横浜市南部斎場の予約の仕方は?

市営 横浜市 南部斎場 評判 特徴 アクセス 駐車場

横浜市南部斎場を予約する際は、葬儀社にお任せしましょう。

葬儀社を介して予約するのが一般的であり、ほぼ100%の人がそのようにしているはずです。

一応、横浜市南部斎場は個人で予約することも可能ですが、それによって使用料が葬儀社を介した場合と変わるわけではありません。

そもそも、横浜市南部斎場を個人で予約する場合は、次の4つ全てを申込者がしなければならいという決まりがあるため、現実的ではありません。

  • 遺体の搬送
  • 棺の手配
  • 納棺
  • その他作業

また、火葬業務に係ること以外を横浜市南部斎場の職員が手伝ってくれることはありません。

つまり、横浜市南部斎場を個人で予約するのは、葬儀社無しで自分たちだけでお葬式をすることと同じ意味なのです。

それでも個人で予約したい場合は(滅多にいないと思いますが)、斎場に直接問い合わせてみましょう。

編集長ツムグ
まだ葬儀社を決めていないなら、相模原市営斎場に詳しい「アーバンフューネス」「東京葬儀」を検討してみてはいかがでしょうか。

どちらも「利用者の満足度の高さ」という点では、甲乙付けがたい葬儀社です。

そのため、料金やサービスの違い、あなたとの相性を比較するためにも、両社に資料請求と見積依頼をするのがおすすめ。

1社だけでは葬儀代の相場もわからないと思うので、そういう意味でも複数の葬儀社(少なくとも2~3社)に問い合わせをして、とにかく「比較すること」がとても大切です。

⇒【アーバンフューネス】の資料請求・見積依頼(無料)はこちら

⇒【東京葬儀】の資料請求・見積依頼(無料)はこちら

東京葬儀もアーバンフューネスも、資料請求や見積依頼は全て無料。

そのための作業(電話やメールでの問い合わせ)もとても簡単です。

事前にそれらを行うことで、葬儀代が割引になるなどお得なサービスを受けることもできます。

尚、「お葬式の成否は葬儀社で9割決まる」ともいわれるくらいなので、葬儀社を比較もせず適当に決めてしまうと、それが後悔の直接的な原因にもなりかねません。

納得がいく葬儀社を見つけるまでは、安易に妥協しないこともとても大切です。

結局、斎場と葬儀社って何?

「実は斎場と葬儀社について、まだ基本的なことがわかってないかも・・・」

もし、そんな風に感じるのであれば、下の記事も参考にしてみてください。

斎場と葬儀社の違い、火葬場の予約の仕方などお葬式の基本を解説!

斎場の決め方や公営と民営の違い、葬儀社を先に決めた方がいい理由を解説!

編集長ツムグ
斎場と葬儀社について基本的なことがわかれば、お葬式に対する漠然とした不安や何から準備を始めたらいいかわからないといった悩みがスッキリ解決すると思いますよ!

-横浜市

Copyright© 葬儀ラボ , 2020 All Rights Reserved.