香典返し用カタログギフトのおすすめ人気ランキング【選び方も解説】

香典返しで何を贈ればいいのか迷っている方におすすめなのが「カタログギフト」です。贈られる側がご自身で品物を選べるので喜ばれる香典返しです。

この記事では、香典返しに最適な人気のカタログギフトをランキングにしました。カタログギフトを扱っているおすすめのサービスも紹介。香典返しに適したカタログギフトの選び方も解説しているので、ぜひご参考ください。

香典返し用カタログギフトの選び方

誤って香典返しには合わないカタログギフトを贈ってしまうと最悪トラブルに発展してしまう可能性もあります。香典返しに適したカタログギフトであるかを吟味しましょう。

掲載数・ジャンルが充実しているもの

やはりカタログギフトの醍醐味は「選ぶこと」です。掲載数やジャンルが少ないと「選びたいものがない」ということになりかねません。

また、カタログギフトを受け取った方自身が品物を選ぶとは限りません。ご家族やお子様が選ぶことも多いです。

なので、なるべく扱っているジャンル数や商品数の多いカタログギフトがいいでしょう

カタログギフトの相場は?

カタログギフトは同じものでも価格ごとにコースが分かれています。

香典返しの相場は、受け取った香典の「半返し」もしくは「3分の1返し」といわれているので、もしも1万円の香典を受け取っていたら3,000~5,000円のカタログギフトが相場となります。

送料、システム手数料は?

カタログギフトによっては、送料や申込みハガキなどのシステム手数料が別でかかるものもあります。カタログギフトの料金にシステム手数料が追加されて、相場を超えた香典返しになってしまうことも。

システム手数料がカタログギフトの料金に含まれているかどうかを確認してカタログギフトを選びましょう。

幅広い年齢層、ご年配の方向けか

結婚や出産の内祝いではなく香典返しなので、なるべく表紙のデザインが落ち着いた幅広い年齢層に適したものがおすすめです

また、ご年配の方でも申し込みできるよう「申込みハガキ」にも対応しているカタログギフトを選びましょう。

アフターフォローの有無も確認

相手がカタログギフトの申込みを忘れていたり紛失していないかを確認できるよう、申込みを確認できる報告サービスや申込済みか確認ハガキを送ってくれるサービスもあります。

カタログギフトを贈る人数が少ない場合はご自身で一人ひとりに確認できますが、贈る人数が多い場合にはアフターフォローの充実したものを選びましょう

香典返し用カタログギフト人気ランキング

1位「沙羅」

参照:おこころざし.com

種類15コース
価格3,080~55,880円
商品掲載数最大約960点

カタログギフト「沙羅」は、掲載商品数が最大で960点、3,080円から55,880円のものまで用意されています。

春夏秋冬の季節の商品が揃っていたりグルメも用意されていたりと、贈り相手を選ばない快適さが評判です。

「沙羅」を詳しく見る

2位「アズユーライク」

参照:シャディ

種類14コース
価格3,080~110,880円
商品掲載数最大約2,530点

カタログギフト「アズユーライク」は、掲載数が200点を切る高級なカタログギフトから2,000点以上掲載数のあるカタログギフトまで、幅広いコースが用意されています。

カタログギフトの表紙は和風・洋風から選べるので、相手に合わせて表紙を変えることも可能。

カードタイプのカタログギフトも用意されており、贈り先の相手はパソコンやスマホから品物を選べます。

アズユーライクはギフト専門店「シャディ」で取り扱っています。

3位「テイク・ユア・チョイス」

参照:カタログギフトのハーモニック

種類16コース
価格3,080~110,880円
商品掲載数最大約2,280点

ブランド品やグルメなど豊富に扱っているカタログギフトが「テイク・ユア・チョイス」です。便利なカードタイプ(スマホやPCで品物を選べる)も用意されています。

温泉やお食事券など、実際に出向いて体験するタイプのギフトまで用意されており、選ぶ楽しさが詰まっています。

「テイク・ユア・チョイス」を詳しく見る

4位「プレミアムカタログギフト」

種類14コース
価格3,080~110,880円
商品掲載数最大約2990点

ソムリエ@ギフトで販売されている人気No1カタログギフト「プレミアムカタログギフト」は、全14コース用意されており、最大2,990点もの品物から選べます。

香典返しの他に内祝いにも利用されているカタログギフトなので、様々なジャンルから選べて贈る相手を選びません。

「プレミアムカタログギフト」を詳しく見る

5位「リンベル 法要・香典返しカタログギフト」

種類14コース
価格3,080~110,880円
商品掲載数最大約1,950点(いづつ(井筒)&ジュピターコース)

リンベルで販売されているロングセラーのカタログギフトです。リンベルでしか買えないオリジナルのカタログギフトで、人気ブランドからこだわりの逸品まで幅広い商品が掲載されています。

4,000円以上になると服飾・生活雑貨、グルメの2冊がセットになったものがあるので、グルメがお好きな方、雑貨が欲しい方の双方に対応できるお得なカタログギフトです。

「リンベル 法要・香典返しカタログギフト」を詳しく見る

カタログギフトを取り扱っているおすすめサービス

香典返し用のカタログギフトを販売しているサービスを紹介します。各サービスの公式サイトでカタログの詳細や中身まで見れるので、ぜひ公式サイトで確認してみてくださいね。

おこころざし.com

送料2,800円以上の商品は無料

おこころざし.comではカタログギフト「沙羅」が販売されています。挨拶状・のし・包装紙も無料特典として利用できるので、追加料金がかからないため計算が楽です。

カタログギフト単体だけでなく、タオルや菓子とカタログギフトのセットも販売されています。カタログギフトが手抜きと感じられる方もいらっしゃるので、セット販売もおすすめです。

「おこころざし.com」の公式サイトを見る

シャディ

送料539円(送料無料クーポンあり)

シャディでは、人気カタログギフト「アズユーライク」が販売されています。

送料は1配送ごとに539円かかりますが、送料が無料になる「カタログギフト送料無料クーポン」が配布されているタイミングもあるので、ぜひ公式サイトで確認してみてください。

「シャディ」の公式サイトを見る

カタログギフトのハーモニック

送料2,750円以上の商品は無料

人気カタログギフト「テイク・ユア・チョイス」以外にも、20ものカタログギフトを取り扱いしています。

カタログギフトはすべて送料無料。ラッピング・のし・リボン・挨拶状・手提げ袋もすべて送料無料です。

「ハーモニック」の公式サイトを見る

ソムリエ@ギフト

送料2,640円以上の商品は無料

ソムリエ@ギフトのカタログギフトが楽天市場で102週1位を獲得するほど人気のサービスです。

2640円以上で送料無料なので、ソムリエ@ギフトで扱っているほとんどのカタログギフトが送料無料になります。

「ソムリエ@ギフト」の公式サイトを見る

リンベル

送料3,960円以上の商品は無料

リンベルでは「法要・香典返しカタログギフト」というロングセラーカタログギフトが販売されています。

リンベルでしか買えないカタログギフトで、3,960円以上の商品は送料無料です。

「リンベル」の公式サイトを見る

喜ばれるカタログギフトの条件

カタログギフトには、レストランでお食事できるものや体験型(エステなど)のもの、食べ物など、想像しているよりはるかに多いジャンルの品物・サービスが用意されています。

掲載数やジャンル数の多いカタログギフトのほうがどなたにも喜ばれる条件ではありますが、「香典返し」としてのカタログギフトなので、結婚や出産の内祝いのように華やかなものではないほうが相手にとってもいいかもしれません

各社「香典返し用のカタログギフト」が用意されているので、その中からなるべく掲載数の多いものを選びましょう。

香典返しをしなくても問題ないケースとは

「香典返しは必ずしなければならない」と思っている方もいらっしゃると思いますが、場合によっては香典返しが不要です。

  • 相手が香典返しを辞退した場合
  • 一家の大黒柱の方が亡くなられた場合

「葬儀費用にあててほしい」といった理由で香典返しを辞退される方や、政府・公的機関の関係者で勤務先の規則で香典返しを受け取れない場合は辞退する方もいらっしゃいます。

亡くなられた方が一家の大黒柱である場合には、香典返しはしなくても問題ないことになっています。ただ、香典返しをしない場合でも手紙や電話にて感謝を伝えましょう

香典返しのマナーQ&A

カタログギフトは失礼にあたる?

カタログギフトはたくさんの品物からご自身でお好きなものを選べる便利なものです。贈る側にとっても相手の趣味嗜好に合わせる必要もないので楽です。

しかし、ご年配の方や昔の風習を大事にしている方にとっては、「手抜き」と思われることもあります。なのでご年配の方への香典返しには、食べ物やタオルなど定番のものを選ぶのが無難かもしれません。

いつ贈ればいい?

忌明け(故人が亡くなってから49日目以降)から2週間以内に贈りましょう。

ただし地域によっては即返しといって当日にお渡しするような風習もあるので、葬儀社に確認しておく必要があります。

香典返しの相場は?

香典返しはいただいた香典の3分の1~半額が相場です。1万円を受け取った場合には3000~5000円程度の香典返しとなります。

香典返しで贈ってはいけないものは?

「四つ足生臭もの」と呼ばれる肉や魚などや、祝い事にも使われる鰹節や昆布、嗜好品のお酒類、金券など金額のわかってしまうものなどは贈るのはいけないとされています。

カタログギフト以外を贈る場合には、あとに残らないもの(食べ物やグルメ、石鹸やタオルなど)を贈りましょう。

四十九日法要での引き出物と香典返しは違うもの?

四十九日法要でお渡しする引き出物は「参列してくれた人へのお礼」です。いただいた御供物料の3分の1~半額の品物をお渡しします。

-葬儀の準備・基礎知識

© 2021 葬儀ラボ