いい葬儀社の選び方とは?

お葬式の成否は「葬儀社」で決まります。

まだ葬儀社が決まっていないなら、今すぐチェック!

お急ぎの場合はこちらをどうぞ。
⇒今すぐ葬儀手配が必要な方へ

まだ時間に余裕があるなら、こちらを参考にまずは資料請求と無料見積りをしてみましょう。
⇒葬儀社おすすめランキング3選!口コミや評判がいいのはどこ?

親の葬儀

喪主経験者が思う後悔しないお葬式とは

 

もしかしたら、今あなたは必要に迫られて、大急ぎでお葬式の準備をしなければならないのかもしれません。

悲しみや苦しみ、言いようのない不安や絶望に苛まれながら、

「お葬式はただ形式的に、滞りなく済ませたらいい。」

漠然とそんな風に考えている、いやそんな風にしか考えられないかのもしれません。

だとしたら、あなたの気持ちは、痛いほどよくわかるつもりです。

なぜなら、以前の私がまさにそのような状況の中で、悩み苦しんでいたからです。

お葬式も「なるようになる」と言ったら、そうなのかもしれません。

ただ、そんな「なすがまま」に行われたお葬式では、きっと時が経つほどに後悔ばかりが募ってしまうのではないでしょうか。

あなたにとって最愛の人のお葬式は、たった一度きりしか挙げることができません。

後になって「こうしておけば良かった」と、いくら悔やんだところで、決してやり直しは利かないのです。

思い返す度に「いいお葬式ができた」と、いつか心から思えるように・・・。

微力ながらもこのサイトが、そんな素敵なお葬式を実現するための一つの「きっかけ」になれたら、とても嬉しく思います。

そもそも葬儀をする意味とは

お葬式をするのは当たり前のことであって、その意味については深く考えたことが無いという人が大半なのではないでしょうか。

でも折角ですからこの機会に、なぜお葬式をするのかを一度自分なりに考えてみてはいかがでしょうか。

お葬式をする意味として、一般的に言われているのは、

  1. 故人の死を悼み、冥福を祈るため。
  2. 残された遺族の悲しみを和らげ、愛する人の死を乗り越えるため。
  3. その人が亡くなった事実を社会的に明らかにするため。
  4. 火葬(または埋葬)により遺体を処理することが、法律で義務付けられているため。

と、いったようなこと。

①と②は、言ってみれば精神的な意味合いによるもの。

③と④は、手続きとして行う必要性があるということです。

葬儀を「しない」という選択肢もある?

実はお葬式は、法律で執り行うことが義務付けられているわけではありません。

法的にやらなければならないのは、上の④に記載されている遺体の処理で、お葬式はぶっちゃけ「やってもやらなくても、どちらでもよい。」ものでもあったりします。

ちなみに、通夜や告別式などの儀式を一切行わず、法的に必須である火葬のみで弔う形式のことを直葬(ちょくそう・じきそう)とか、火葬式と呼んだりします。

近年この直葬(または火葬式)を選ぶ人は増えてきており、その背景には葬儀の費用を極力抑えたい、故人とごく親しい人達だけで見送りたい、などの理由があることが推察されます。

葬儀の種類や費用について

宗教による違い以外にも、近年ライフスタイルが多様化したことによって、様々な種類のお葬式が選ばれるようになってきました。

そんなお葬式の種類について、ここでは代表的な4つを紹介。

それぞれの特徴や費用について、以下に説明していきます。

一般葬

昔からある一般的な葬儀の形式。

家族や親族の他に、友人、会社関係、近所の方なども参列します。

故人と関わりのあった幅広い方々をお呼びするので、人数が多くなる傾向にあります。

費用:100万前後

家族葬

家族や親族のみ、あるいは親しい友人などをお呼びして、小規模で行うのが家族葬です。

和やかな雰囲気の中で、ゆっくりと故人とお別れをすることができます。

費用:60万前後

一日葬

通夜を省き、火葬と告別式を1日で行うのが一日葬です。

参列者は家族葬などと同様に、身内だけの少人数となります。

遺族にとって、費用及び時間的負担が少ないのも特徴です。

費用:50万前後

直葬・火葬式

火葬のみを行う葬儀で、通夜や告別式などの儀式を行わないのが直葬(火葬式)です。

あらゆる葬儀の種類の中で、最も費用を抑えられる傾向にあります。

費用:20万前後

編集長 タカ
一つ注意したいのは、上にある費用はかなりザックリとした相場に過ぎないということです。

実際の葬儀の費用は、規模や人数、葬儀社の料金設定などによって大きく異なります。

葬儀はどの種類を選ぶべきか

今やお葬式も価値観やライフスタイルで選ぶ時代です。

よって、あなたと家族、そして何より親の意志を確認できていれば、その意志に従って葬儀の種類を選ぶべきです。

もちろん、費用や世間体はとても重要な問題ですが、それらに縛られていては、本当に素敵なお葬式は実現できるはずがありません。

一般葬、家族葬、一日葬、直葬、どの種類のお葬式を選ぶにしても、最も大切なことはきっと同じなのではないでしょうか。

その最も大切なこととは・・・

  • 本人(親)にとってお葬式とは、人生最後のセレモニー。
  • 子ども(あなた)にとってお葬式とは、親に対して感謝の気持ちを送る、最後にできる親孝行。
  • 孫(あなたの子ども)にとってお葬式とは、祖父母への感謝の気持ちを育む機会。

といったように、それぞれにお葬式を行う(参列する)目的があるということです。

それら目的を叶える方法として、あなたたちにとってはどれが最も相応しいか。

お葬式の種類は、そんな視点から選ぶべきだと思いませんか?

葬儀で失敗しないためには

お葬式で失敗しないためには、経験者の失敗談から学ぶことが一つ有益な方法です。

失敗談としてよく耳にするのは、以下の5つのようなことです。

  • 故人のことをよく知らないために、どんなお葬式を挙げたら良いかわからなかった。
  • 何もかも身内だけで決めてしまい、後から親戚との関係が悪くなった。
  • 自分の意見や希望をはっきりと周囲に伝えなかったために、思うようなお葬式にならなかった。
  • 葬儀社の対応やサービスが悪く、後になって葬儀社選びの重要性を感じた。
  • 見積書に無い料金や追加料金が発生し、葬儀代が想定外に高額になった。

端的に言えば、準備不足、コミュニケーション不足、葬儀社選び、この3つがキーワードとして挙げられるでしょう。

特に葬儀社選びに関しては「お葬式の成否は葬儀社選びで9割決まる」と言われているくらい、最も重要であることは間違いありません。

葬儀の準備はいつからがいい?

思い立った時が、お葬式の準備の始めどきです。

いつ始めても、早すぎるということはありません。

むしろ、まだ親が元気でいるなら、日頃の会話の中でどんなお葬式がいいか、どんな希望があるのかなどを話し合っておくことが大切です。

言い出しにくい、縁起が悪い、そう思うかもしれません。

しかし、親からすれば、そんな話をしてくれる子どものことが、とても頼もしく、また誇らしいとさえ思うはずです。

もうあまり時間が無くても、できる限りの準備を心がけましょう。

あなたは喪主でも決して一人で抱え込まずに、身内や親戚、信頼できる人からのサポートを積極的に受け入れましょう。

そうした方が、後々のトラブル回避という意味でも、きっとプラスに働くはずです。

お葬式の準備を始める時には、同時に葬儀社選びも始めるようにしましょう。

まずは、お住まいの地域にサービスを提供している葬儀社の中から、評判の良い葬儀社に対して資料請求を行いましょう。

葬儀社の数は、3~5社を目安に資料請求を行うのがおすすめです。

葬儀社選びも早くから始めることで、サービスや料金の違いを時間をかけて、冷静に比較できるというメリットがあります。

逆にいざという時になってから準備を始めると、慌てるばかりで冷静に判断することができなくなってしまいます。

葬儀社を比較する余裕すらなく、適当に選んでそれで良しとしてしまうケースも決して珍しくありません。

そんなことでは当然ながら、いいお葬式はできませんよね?

葬儀代についても、おそらく高いのか安いのかすらわからないまま、お葬式を挙げることになるでしょう。

よく考えれば必要のない(あるいは過剰な)オプションまで付けて、その分、葬儀代をウン十万円という単位で余分に支払わなければならない、なんてことにもなりかねません。

以上のことから、お葬式の準備も葬儀社選びもできる限り早い時期から、余裕を持って始めた方が良いということがおわかり頂けるかと思います。

おすすめの葬儀社は?

取り敢えず、気になる葬儀社には全て資料請求をしておきましょう。

事前に資料請求しておくだけで、お葬式の時にお得な割引を受けられることがあります。

また、事前に葬儀社を決め、その葬儀社の会員になっておくことで、お葬式の時に割引をはじめ様々な特典を受けられるようになります。

そういった理由からも、やはり葬儀社選びは早く始めるに越したことはありません。

ちなみに、数ある葬儀社の中でも特に評判が良く、おすすめの葬儀社はこちらです。

アーバンフューネス

アーバンフューネスがおすすめな理由

  • 安心・親切(全てのサービスを厳しい社内基準をクリアした自社社員が担当)
  • 明朗会計(契約前に全ての費用を1円単位まで提示してくれる)
  • 手厚いサポート(葬儀の前後も期限なく無料で相談に乗ってくれる)
  • 信頼の実績(ユーザー満足度97.3%・相談件数4万件)
  • 高品質(多くのメディアも注目・ハイサービス日本300選受賞)
  • 1都3県の全域をサポート(1220の斎場から最適な空間を提案してくれる)
編集長 タカ
アーバンフューネスでは、事前の資料請求や事前相談をすることで最大5万円の割引が受けられます。

事前相談では、お葬式に関することは何でも気軽に無料で相談することができます。

Copyright© 葬儀ラボ , 2020 All Rights Reserved.