エンディングノートとは?書く理由やメリット・デメリットを紹介

エンディングノートとは

最近「終活」といった自分の将来に関する事を考える人が増えています。

そこで話題になったものが「エンディングノート」

名前からしてあまり良いイメージを持たない方もいますが、エンディングノートは自分だけではなく“家族にも役に立つノート”なのです。

今回は「エンディングノートとはどんなノートなのか」を解説。エンディングノートを気になっている方は是非参考にしてみてください。

エンディングノートとは?

エンディングノートは、自分の身にもしものことがあった時に家族に伝えたいことをあらかじめ書き留めるノートです。

  • 延命治療を望むのか
  • どんな葬儀にしたいのか
  • お墓について
  • 介護に関すること
  • 遺産相続 など

エンディングノートには書き方に決まりがないので、自由に書くことができます。一から自分でノートに書くのもよし、何を書けばいいのかわからない方は市販の穴埋め式ノートもおすすめです。

最近では、エンディングノートを無料配布する企業や自治体、葬儀社も増えつつあります。>>エンディングノートが無料で手に入る葬儀社

エンディングノートを書く理由

エンディングノートは「人生を振り返る」「生き方を問い直す」という理由で書きます。

①これまでの人生を振り返る

エンディングノートを書くことを通して、自分のこれまでの出来事を振り返るきっかけになります。

楽しかった事、あの日の思い出、辛かった事や悲しかった事など、これまでの人生で色々とあったことでしょう。

日常生活の中では人生について振り返る機会はないので、エンディングノートを通じてこれまで受け取ったものや大切なことに気がつくかもしれません。

②これからの生き方を問い直す

エンディングノートは、ただ過去を振り返るだけではなく未来のことについても考えるきっかけになります。

  • 今後どうやって過ごしていきたいのか
  • どんな事をやってみたいのか

過去の振り返りを踏まえて、今後を考えることにも繋がります。

エンディングノートは家族にとってどんなもの?

エンディングノートは自分だけではなく家族にとっても役に立つノートです。

では、どんな時に役に立つのかを紹介していきます。

エンディングノートは意思を伝えられなくなった時に役目を果たす

エンディングノートは、自分がケガや病気・死亡で「意思を家族に伝えられなくなった時」に備えるノートという意味が大きいです。

例えば「介護に関する希望」「延命措置」「臓器提供の意思」について書いておくことで、残された家族が突然決断を迫られる状況では大きな助けになるでしょう。

自身の希望や考えがエンディングノートに書かれていたら、家族は自身の希望に沿って行動しやすくなります。

家族の混乱や負担を減らせる

「遺品処分」「車や貴金属・形見などの譲渡先や処分方法」について明記しておくことで、親族間での混乱が起きずに済みます。

また、「印鑑や通帳などを管理している場所」を記しておくと、家族が探す手間も減らせます。

あなたの形見になる

「家族に向けたメッセージを伝えられること」もエンディングノートの特徴の1つです。

普段なかなか伝えられなかったメッセージを添えておくだけでも、突然の不幸がやってきた時に家族は元気づけられると思います。

エンディングノートを書くメリット・デメリット

エンディングノートを書くメリットとデメリットを紹介していきます。

エンディングノートのメリット

エンディングノートを書くメリット3点を紹介します。

メリット① 自分の都合のいい時に書きたいことを残せる

エンディングノートは自身のタイミングに合わせて書くことができます。

また書き方にも決まりはないので、自身が伝えたいことを書き残しておくことができます。

体の自由が効かなくなった時にはエンディングノートを書くことは厳しいので、なるべく元気なうちに書いておくといいでしょう。

メリット② 何度も加筆・修正ができる

エンディングノートは何度でも書き直しができます。

エンディングノートの書き方に正解はないので、「前回はこう書いたけど違うな」と思った時には加筆・修正しても問題ありません。

また、ある項目で「ここはまだちょっとわからない」という箇所は空欄にしておいても問題ありません。

メリット③ 日常生活で役に立つことも

エンディングノートに印鑑や通帳の管理場所・大事な書類の管理場所を書いておくことで、必要になった時にどこにあるのか確認できます。

また、クレジットカードや免許証・マイナンバーカードの情報を書き出しておくと、財布を紛失したり忘れた時にも慌てずに済むでしょう。

エンディングノートのデメリット

エンディングノートを書くデメリット2点を紹介します。

デメリット① エンディングノートは書くのがめんどくさい

いざエンディングノートを書いてみると、「書くのが大変、めんどくさい」と感じる方がいらっしゃるようです。

正直、本当に家族のために役立つ日が来るのかすら分かりません。

エンディングノートは基本的には一人で書くので孤独な作業になります。

役立つかわからないのに一人で書くという作業は、人によっては面倒と感じるかもしれません。

デメリット② 定期的な見直しが必要

エンディングノートに知り合いや親戚の連絡先を記載している場合、「数年後には携帯番号・メールアドレスが変わっていた」なんてこともあります。

また、自身の考えや状況も変化していると思いますし、エンディングノートの内容が昔のままだと、それを読んだ家族は情報が古いと感じるかもしれません。

なので、エンディングノートは定期的な見直しが必要となってきます。

まとめ

  • エンディングノートは、家族に伝えたいことをあらかじめ書き留めるノート
  • 書く理由は「人生を振り返る」「生き方を問い直す」ため
  • エンディングノートは家族にとっても役に立つ

エンディングノートは、「もしものときに備えつつ自分のことも見直すノート」です。

過去を振り返りエンディングノートに書くことによって、「将来どうしたいか」がより明確に見えてくるはず。今までの人生や家族との大切な思い出を振り返りながら、エンディングノートを活用してみてはいかがでしょうか。

-終活

© 2021 葬儀ラボ