40代におすすめのエンディングノートや40代で作るメリットを紹介

40代という年齢に差し掛かってくると、20代30代の頃とは違い終活に関して意識が出てくる方もいるのではないでしょうか。また、両親が高齢になり親の今後について考える人も出てくる年代だと思います。

今回は、40代がエンディングノートを作成するメリットや40代向けの作成方法、40代の方におすすめのエンディングノートを紹介します。

エンディングノートとは?

エンディングノートとは

エンディングノートとは、自分自身について考えたり介護や葬儀・相続等どうしたいのか今後のことについて考え、記録を残しておくノートです。

書き方に決まりはなく、自分が書きたいことを書けて何度も書き直しできるのが特徴です。

エンディングノートについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

エンディングノートとは
エンディングノートとは?書く理由やメリット・デメリットを紹介

最近「終活」といった自分の将来に関する事を考える人が増えています。そこで話題になっているものが「エンディングノート」です。 名前からしてあま ...

続きを見る

40代がエンディングノートを作成するメリット

40代がエンディングノートを作成するメリットを紹介していきます。

親の終活に関しても一緒に考えられる

遺品整理や葬儀、お墓についてなど、以下のことは親が他界した後に行うことになります。

他界後に行うこと

  • 家のリフォームや、遺品等
  • もし認知症になったら、介護や入院など
  • 葬儀について
  • お墓に関すること

親が元気なうちに他界後の要望を聞いておくことで、物事もスムーズに進められます。

なので、自分がエンディングノートを作り始めたことを親に話せば、親の終活に関しても話しやすくなるでしょう。ご自身のエンディングノート作成を機に、一度ご両親と話し合ってみてくださいね。

自分の過去について振り返ることができる

エンディングノートを書くことによって、自分がどんな半生を過ごしてきたのかと振り返ることができます

仕事や育児、趣味など自分のことについて振り返る暇もなく過ごしてきた方も多いのではないでしょうか。自分と今まで向き合う時間がなかった人は、エンディングノートを通じて振り返ってみるといいかもしれませんね。

自分の将来や人生について見直せる

メリット

エンディングノートを書くことによって自分の過去を見直すだけではなく、将来について考えることもできます

  • もしも入院することになったら
  • 退職後老後はどう過ごしたいか
  • 人生計画を立てる

上記のことは、できれば後回しにするのではなく今のうちから考えておくことをおすすめします。なぜなら、その時はいつやってくるかわからないからです。

40代がエンディングノートで書いておいたほうがいいこと

40代がエンディングノートに書いておいたほうがいいこと、考えておいたほうがいいことを解説します。

老後の過ごし方など将来について考えておく

「退職まであと10年以上あるから、老後の過ごし方を考える必要はない」と思われる方もいますが、ざっくりで良いので将来について考えておくことをおすすめします

「趣味に打ち込んでいきたい」「何か新しいことを始めてみたい」など何でも結構です。そのようなことを考えておくと将来に対する未来像も見えてきて、人生計画を立てやすくなります。

資産に関することも見直しておく

月々何にどのくらいお金を使っているか・引き落としされているか、といった日常の生活に関する見直しから、生命保険といった現在加入している保険の見直し等を行っておくことをおすすめします。また、余力がある方は年金等の見直しもできると良いでしょう。

保険の見直しなら、30社もの保険会社からピッタリの保険をオーダーメイドできる「保険見直しラボ」がおすすめです。

押し売りがないことで評判で、女性の方が利用しやすいサービスになります。保険料の毎月の支払いで家計を圧迫している方節約したい方は、一度保険の見直しを相談してみましょう。

\アンケート回答で特選ギフトがもらえる/

保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

自分の持病や健康状態についてまとめておく

書き方

40代に差し掛かりますと、健康診断や要精密検査に引っかかってしまう方も出てくる年代といえます。

自分自身の健康状態や持病をあらかじめ把握しておくためにエンディングノートにまとめておくことをおすすめします。

健康状態や持病をまとめておくことで、持病持ちの方はどう改善できるかなど日々の健康管理に役立ってくれるでしょう。

何かあった時に誰に連絡するのか考えておく

人生100年時代といわれる現代ですが、まだ40代とはいえど今後何が起こるかわかりません。突然入院することも可能性としてはあります。

そんな、もしもの時に誰に連絡するのかを考えておくのをおすすめします。

誰に連絡するのかを書いておくことで、もしもの時でも慌てずにご家族の方が対応できるので安心です。

書いておいたほうがいい項目まとめ

他にも書いておいたほうがいい項目と書く必要性の優先度はこちらです。各々で必要性は異なりますが、「◯」の項目から書いてみてください。

項目書く必要性備考
自分について住所、生年月日、趣味・特技、SNS情報など
資産についてクレジットカード、銀行口座に関する情報
医療と介護について持病・基礎疾患など
葬儀とお墓について親の終活もサポートする場合は自分のことも考えておいていいかもしれません。
相続について親の終活もサポートする場合は自分のことも考えておいていいかもしれません。
遺言書について書く必要はありません。
親戚や知人の連絡先親戚・知人の電話番号やメールアドレス
大切な人に向けたメッセージパートナーや子供がいらっしゃる方は書いておいてもいいかもしれません。

独身だからこそ、エンディングノートを活用しよう

既婚者の方が作成するエンディングノートはどちらかといえば「残された家族のため」に作成するという意味合いが強いです。

ですが、独身の方が作成する場合は少し意味合いが異なってきます。なぜ独身の方がエンディングノートを活用したほうがいいのか紹介します

老後のことなど将来について考えておく

独身の人の場合は、老後に身寄りの方がいなくなってしまう可能性も視野に入れておかないといけません。今のうちから、将来老後の過ごし方をどうしていくか考えておきましょう。

特に老後の生活資金を現在からどう工面していくのかお金については特に考えておいたほうがよさそうです。

入院・介護の際のことも考えておく

誰でも突然病気や事故で入院することになったり介護が必要なったりする可能性があります。

独身の方は、入院時の身元保証してくれる方(ご兄弟や親族)を決めておきましょう

身元保証してくれる方がいない場合は、ご家族に代わって身元保証人を引き受けてくれる「身元保証サービス」の依頼も考えておきましょう。

もしもの時の連絡先もまとめておく

エンディングノート

独身の方の場合、もしもの時に誰か頼れる人はいるのか、今の人間関係を一度確認する必要があります

頼れる方がいない場合は、葬儀からお墓に入るまでの手続きを代行してくれる「生前契約」も視野に入れたほうがよさそうです。民間企業やNPO法人がそのような手続きを行う代行サービスを提供しています。

独身の方はもしもの事だけではなく生きている間でも様々なサポートが受けられるように、元気なうちから自分で体制を整えておきましょう。

最近では独身の方限定の終活イベントも開催されています。

何からやればいいかわからない方は、一度イベントに参加してみるのもいいかもしれませんね。

40代におすすめのエンディングノート

40代におすすめのエンディングノート3冊を紹介します。1つは無料でダウンロードできるものです。

もしもの時に役立つノート

コクヨ
もしもの時に役立つノート

サイズ6号(セミB5)
価格1,793円
ページ数64ページ
販売先ネット通販・文房具売場
付属品ブックカバー・ディスクケース付き
解説の有無あり

全体的に満遍なく項目は充実

長く使う事を踏まえ、コクヨの帳簿紙を使用し紙にもこだわったノート。項目は偏りなく全体的にまんべんなくあります。書き込みやすさは普通で、人によってはいらないと感じる項目があるかもしれません。

弁護士ドットコム監修なので、資産に関する項目が充実しています。自分の事を振り返りたい人には不向きかもしれません。介護・葬儀・相続に関する項目は充実していました。

  • 備忘録として活用したい方
  • 長く使えるエンディングノートを探している方
  • お金に関する項目をしっかりまとめておきたい方

EDiT 大人のライフログ用ノート

マークス
EDiT 大人のライフログ用ノート

(ネイビー・ピンクの2色、ハードカバータイプ(税込5,280円 紙製ケース付き)はグレー・ピンクの2色)

サイズH262×W185×D10mm
価格2,640円
ページ数96ページ
販売先ネット通販・店舗
付属品
  • スピン1本
  • 別冊ノート(48P)
  • 使用例リーフレット

10年かけて作り上げる、40代からはじめるエンディングノート

預貯金など資産に関する整理から未来年表づくりまで、半生を“棚卸し”し将来を見つめるための、10年かけてじっくり書いていく、そんなノートです。上品な色味と質感を持つPVCカバーで、持ち歩きもでき、気軽に書ける構成となっています。「もしものとき」に備える別冊データノートが付いてくるなど付属品も充実。

  • 長く使えるエンディングノートを探している方
  • 項目が充実しているエンディングノートがほしい方
  • 自分の半生をしっかり見つめ直してみたい方

>>公式ストアで商品を見る

人生100年時代!!おひとり様の処世術
私の終活 考えることリスト (PDFダウンロード版)

チェックリスト形式にて作成可能

自分が書き残しておきたいという項目にのみチェックをつけて作成することができる優れものです。ただ記入スペースが人によっては小さいと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

書ききれない場合は新しい紙を継ぎ足したりして作成するのをおすすめします。デザインがオシャレなので、女性にもおすすめ。

  • オシャレなエンディングノートが欲しい方
  • 簡単にエンディングノートを作成したい方
  • 将来やりたいことがたくさんある方

>>ダウンロードはこちら

よりそうお葬式

葬儀社「よりそうお葬式」では【資料請求した方限定】でエンディングノートを無料配布しています。

よりそうお葬式 エンディングノート

よりそうお葬式 エンディングノート

実際に資料請求してみたところ、資料一式と一緒にエンディングノートがすぐに到着!資料請求後は営業もありませんでした。葬儀社選びがまだの方は、よりそうお葬式から検討してみてはいかがでしょうか。

「よりそうお葬式」公式サイト

※24時間365日いつでも資料請求できます。

さいごに

エンディングノート

40代に差し掛かると、親の今後のことを身近に感じてくる世代なのか、エンディングノートの必要性を現実的に考える方も多いです。

エンディングノートを作成することで、自分だけでなく、もしもの時の家族の負担を軽減できるので、ぜひエンディングノートを作ってみてくださいね、

女性のためのマネーセミナー

将来に備えておくために、エンディングノートの作成と合わせてお金についても学んでみませんか?

  • マネーの基礎知識
  • プロの貯め方殖やし方
  • 保険のかしこい選び方
  • 老後の資金づくり
  • 資産運用について

これらを学べる女性限定の無料セミナーが全国各地で開催されています。

年間で約1000回開催されている大好評セミナーで、「女性(男性パートナー可)」であればどなたでも参加可能。セミナー後の電話や郵便での勧誘は一切ないため、「老後の資金が心配」「“お金”について勉強したい」「貯金を増やしたい」とお悩みの方におすすめです。

女性限定マネーセミナーの詳細はこちら‎

-終活・エンディングノート

© 2021 葬儀ラボ