大阪府でエンディングノートを無料配布している市区町村一覧

大阪府 エンディングノート

エンディングノートを無料で配布している市区町村は少なくありません。

今回は、大阪府エンディングノートを配布している市区町村を紹介します。東京都でエンディングノートをお探しの方は参考にしてみてください。

よりそうお葬式

葬儀社「よりそうお葬式」では【資料請求した方限定】でエンディングノートを無料配布しています。

よりそうお葬式 エンディングノート

よりそうお葬式 エンディングノート

実際に資料請求してみたところ、資料一式と一緒にエンディングノートがすぐに到着!資料請求後は営業もありませんでした。葬儀社選びがまだの方は、よりそうお葬式から検討してみてはいかがでしょうか。

「よりそうお葬式」公式サイト

※24時間365日いつでも資料請求できます。

エンディングノートとは?

エンディングノートとは

エンディングノートとは、自分自身について考えたり介護や葬儀・相続等どうしたいのか今後のことについて考え、記録を残しておくノートです。

書き方に決まりはなく、自分が書きたいことを書けて何度も書き直しできるのが特徴です。

エンディングノートについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

エンディングノートとは
エンディングノートとは?書く理由やメリット・デメリットを紹介

続きを見る

大阪府でエンディングノートを配布している市区町村一覧

現在エンディングノートを配布している大阪府の市区町村はこちらです。

大阪市住之江区「すみのえあんしんノート」

大阪市住之江区「すみのえあんしんノート」

配布先

  • 住之江区地域包括支援センター

>>大阪市住之江区のエンディングノートの詳細はこちら

大阪市都島区「もしもの時に伝えたいこと」(ダウンロード可能

大阪市都島区「もしもの時に伝えたいこと」

配布先

  • 公式サイトからダウンロード

>>大阪市都島区のエンディングノートの詳細はこちら

柏原市

柏原市 エンディングノート

配布先

  • 柏原市役所 高齢介護課
  • 柏原市高齢者いきいき元気センター
  • 柏原市立老人福祉センター やすらぎの園

>>柏原市のエンディングノートの詳細はこちら

門真市「私らしく"生ききる"ためのノート」

門真市「私らしく生ききるためのノート」

配布先

  • 門真市役所 保健福祉部 高齢福祉課

>>門真市のエンディングノートの詳細はこちら

熊取町(図書館にて配布)

熊取町 エンディングノート

配布先

  • 熊取町図書館 「FPほりお」コーナー

>>熊取町のエンディングノートの詳細はこちら

堺市中区「安心ノート」(ダウンロード可能

堺市中区「安心ノート」

配布先

  • 中区役所地域福祉課
  • 公式サイトからダウンロード

中区にお住いの65歳以上の方が対象

>>堺市中区のエンディングノートの詳細はこちら

堺市西区「わたしのメッセージ」(ダウンロード可能

堺市西区「わたしのメッセージ」

配布先

  • 西区役所市政情報コーナー
  • 西基幹型包括支援センター
  • 西保健センター
  • 公式サイトからダウンロード

西区在住のおおむね65歳以上の方

>>堺市西区のエンディングノートの詳細はこちら

泉南市「ライフデザインノート」(ダウンロード可能

泉南市「ライフデザインノート」

配布先

  • 公式サイトからダウンロード

>>泉南市のエンディングノートの詳細はこちら

大東市(ダウンロード可能

大東市エンディングノート

配布先

  • 公式サイトからダウンロード

>>大東市のエンディングノートの詳細はこちら

富田林市(ダウンロード可能

富田林市エンディングノート

配布先

  • 富田林市役所 高齢介護課
  • ほんわかセンターの窓口
  • 公式サイトからダウンロード

富田林市内に居住する65歳以上の方が対象

>>富田林市のエンディングノートの詳細はこちら

枚方市(ダウンロード可能

枚方市エンディングノート

配布先

  • 市内地域包括支援センター(高齢者サポートセンター)
  • 枚方市役所 健康福祉総合相談担当
  • 保健所
  • 保健センター
  • 公式サイトからダウンロード

>>枚方市のエンディングノートの詳細はこちら

四條畷市「わたしの生きかたノート」

四條畷市エンディングノート

配布先

  • 高齢福祉課(くすのき広域連合四條畷支所)窓口

>>大阪府四條畷市のエンディングノートの詳細はこちら

エンディングノートをもらう方法

無料配布

エンディングノートをもらうには以下の方法でもらえます。

  • 役所の担当窓口でもらう
  • 自治体が指定した配布場所でもらう
  • 公式サイトからダウンロード

エンディングノートはお住まいの役所の担当窓口に置いてあるかもしれませんので、詳しくはお問い合わせしてご確認ください。

自治体が指定した配布場所については、主にケアプラザや地域包括支援センターなど高齢者に関わる施設に置いてあることが多いです。また、自治体の公式サイトにダウンロード版のエンディングノートを掲載しているところもあります。

エンディングノートがもらえる条件は特に細かい条件はなく、基本的には誰でももらえます。マイナンバーカードや運転免許証と言った身分証明証の提示も必要ありません。

ですが、自治体が発行するエンディングノートの発行部数などの関係により一部もらえる対象者を制限している自治体もあります。 ご自身の住んでいる自治体が対象か一度ご確認してみるといいかもしれません。

市区町村がエンディングノートを作成・配布する理由

エンディングノート 市町村

なぜ市区町村がエンディングノートを無料で配布するのか。 それには、二つの理由があります。

配布理由

  • 独居老人の孤独死を防ぐため
  • 空き家対策

身寄りのない高齢者が亡くなった後の遺品整理や処理は市区町村が負担しています。年々孤独死でお亡くなりになれれる高齢者が増えていく一方、市区町村の負担も比例して増えていることは事実です。

こういった負担を減らす為に、エンディングノートを無料配布している市区町村は多いです。

また、相続人のいないお家は空き家となって維持や管理の費用・人件費も市区町村が負担しています。空き家を減らす為にもエンディングノートを活用して注意喚起する市区町村は多いといえるでしょう。

まとめ

大阪府 エンディングノート

今回は、大阪府で現在エンディングノートを配布している市区町村を紹介しました。

もしお住まいの地域は掲載されていらっしゃらなかった方は、ダウンロード版で配布している市区町村でもらいましょう。

ダウンロード版のエンディングノートが気になる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

無料ダウンロードできるエンディングノート12選【パソコンで作成したい方必見】

続きを見る

別の都道府県で配布されているエンディングノートも気になる方はこちらの記事もご参考ください。

エンディングノート 市町村
エンディングノートを配布している市町村一覧【無料配布】

続きを見る

女性のためのマネーセミナー

将来に備えておくために、エンディングノートの作成と合わせてお金についても学んでみませんか?

  • マネーの基礎知識
  • プロの貯め方殖やし方
  • 保険のかしこい選び方
  • 老後の資金づくり
  • 資産運用について

これらを学べる女性限定の無料セミナーが全国各地で開催されています。

年間で約1000回開催されている大好評セミナーで、「女性(男性パートナー可)」であればどなたでも参加可能。セミナー後の電話や郵便での勧誘は一切ないため、「老後の資金が心配」「“お金”について勉強したい」「貯金を増やしたい」とお悩みの方におすすめです。

女性限定マネーセミナーの詳細はこちら‎

-終活・エンディングノート

© 2021 葬儀ラボ