エンディングノートを配布している市町村一覧【無料配布】

エンディングノート 市町村

販売されているエンディングノートは結構見かけるようになりましたが、自治体でも配布されていることをご存知ですか?

今回は、エンディングノートを配布している市町村やどこで貰えるのか・もらえる条件などを中心に紹介します。

市町村のエンディングノートは市販のエンディングノートに比べて、要点をまとめたシンプルなものが多いです。エンディングノートがどんなものなのか知りたい・とりあえずもらっておきたいという方も是非参考にしてみてくださいね。

エンディングノートとは?

エンディングノートとは、自分自身について考えたり介護や葬儀・相続等どうしたいのか今後のことについて考え、記録を残しておくノートです。

書き方に決まりはなく、自分が書きたいことを書けて何度も書き直しできるのが特徴です。

エンディングノートについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

エンディングノートとは
エンディングノートとは?書く理由やメリット・デメリットを紹介

最近「終活」といった自分の将来に関する事を考える人が増えています。 そこで話題になったものが「エンディングノート」 名前からしてあまり良いイ ...

続きを見る

なぜ市町村はエンディングノートを作成しているの?

なぜ市町村が独自のエンディングノートを作成し無料で配布するのか。 それには、二つの理由があります。

  • 孤独死を防ぐため
  • 空き家対策

身寄りのない高齢者が亡くなった後の遺品整理や処理を実は市町村が負担していることをご存知ですか?年々孤独死で亡くなっていく高齢者が増えていく一方、市町村の負担も増えていることは事実です。

こういった負担を減らす為にもエンディングノートを作成し、無料配布している市町村は多いです。

空き家も同様に、相続人のいないお家は空き家となって維持や管理の費用・人件費も市町村が負担しています。空き家とならずに、相続人が見つからない場合はどうするか考えてもらい、空き家を減らす為にもエンディングノートを活用して注意喚起する市町村は多いと言えるでしょう。

市町村のエンディングノートのもらい方・条件

エンディングノートは主に以下の場所でもらえます。

  • 役所の担当窓口
  • 自治体が指定した配布場所
  • 公式サイトからダウンロード

エンディングノートはお住まいの役所の担当窓口に置いてあるかもしれないので、詳しくはお問い合わせしてご確認ください。

自治体が指定した配布場所については、主にケアプラザや地域包括支援センターなど高齢者に関わる施設に置いてあることが多いです。 また、自治体の公式サイトにダウンロード版のエンディングノートを掲載しているところもあります。

エンディングノートがもらえる条件は特に細かい条件はなく、基本的には誰でももらえます。マイナンバーカードや運転免許証と言った身分証明証の提示も必要ありません。

ですが、自治体が発行するエンディングノートの発行部数などの関係により一部もらえる対象者を制限している自治体もあります。 ご自身の住んでいる自治体が対象か一度ご確認してみるといいかもしれません。

現在配布しているエンディングノート市町村一覧(おすすめ何冊かを作成するか??)

現在、エンディングノートを配布している自治体を紹介していきます。

PCからダウンロードできる市町村

神奈川県茅ヶ崎市

神奈川県厚木市

神奈川県横浜市西区

東京都狛江市

栃木県足利市

青森県青森市

秋田県秋田市

徳島県小松島市

島根県江津市

埼玉県蓮田市

滋賀県守山市

和歌山県新宮市

徳島県阿南市

千葉県山武市

栃木県下野市

岩手県奥州市

神奈川県逗子市

大阪府枚方市

埼玉県越谷市

長野県伊那市

茨城県土浦市

岡山県真庭市

冊子で配布している市町村

東京都武蔵野市

埼玉県白岡市

岐阜県岐阜市

埼玉県久喜市

千葉県船橋市

静岡県裾野市

神奈川県鎌倉市

滋賀県彦根市

大分県大分市

山梨県富士吉田市

埼玉県鶴ヶ島市

千葉県富津市

岐阜県関市

埼玉県戸田市

徳島県徳島市

宮城県多賀城市

香川県観音寺市

滋賀県甲賀市

埼玉県北本市

佐賀県神埼市

市町村のエンディングノートのメリット・デメリット

こちらの項目では、自治体が作成するエンディングノートのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

  • 市町村が発行するエンディングノートの為、地域に関する情報が掲載されている
  • 無料で入手できるものがほとんど

市町村が発行するエンディングノートには、 ページ内や巻末に地域に関する情報が盛り込まれていることが多いです。

例えば、介護の項目には地域包括支援センターの案内や介護保健に関することが書かれていたり、 医療の項目にはもしものことがあった時、外来を受け付けてくれる病院が記載されていたりします。 

無料配布できるように、その地域の企業広告が入っているのも特徴といえるでしょう。 

デメリット

  • 市販のエンディングノートに比べて、ページ数が少ない
  • 装飾が少なくデザインがシンプル

市町村が配布するエンディングノートは、市販のエンディングノートと比べてページ数が少ないです。

なぜならば、市販のエンディングノートは他と差別化を図るために項目が多く、ページ数もその分増えるためです。 

装飾やデザインに関することでも同じことが言えます。 ブックカバーが付いていたり紙質にこだわっていたりと、市販のエンディングノートの方が装飾やデザインにこだわりがあります。

まとめ

エンディングノートは空き家対策や独居老人への配慮等の理由で、無料配布している自治体がたくさんあります。

また、自治体だけではなく企業でも無料で配布していることをご存知ですか?無料でエンディングノートを配布している企業はこちらで紹介しているので、あわせてご覧ください。

エンディングノート 無料配布
エンディングノートは無料配布されている?タダで手に入れる裏ワザ教えます!

エンディングノートを書いてみようと思ってもどのノートがいいのかわかりませんよね。 いきなり市販のノートを購入して「自分が欲しかったものと違っ ...

続きを見る

-終活

© 2021 葬儀ラボ