互助会の勧誘手口・断り方・勧誘を受けた方の口コミ

互助会 勧誘手口

葬儀や結婚式を会員価格で利用できる互助会ですが、互助会の勧誘員はノルマを課せられているので加入してもらいたい一心で勧誘してきます。

そこで今回は、どのような言葉で勧誘してくるのか、そしてどのように断ればいいのかを紹介します。互助会の勧誘を受けても断れるよう、勧誘の手口をよく確認しておきましょう。

互助会とは?

互助会

互助会とは、お金を積み立てておくことで葬儀や結婚式などを割引価格で利用できるサービスです。互助会の加入者は会員価格で利用できるため、親族のために加入される方がよく加入されています。

ただし、積み立てたお金だけでは葬儀費用はまかなえません。会員価格で利用できるだけなので、追加費用が必要です。

互助会 仕組み
互助会とはどんな仕組み?メリット・デメリットを紹介

互助会の加入者(口数)は日本全国でおおよそ2300万件と非常に多くの方が加入しています。しかし互助会トラブルは毎年のように起きており、よく調 ...

続きを見る

また、年々新規の加入者は少なくなってきており、訪問や電話、店先での勧誘も頻繁に行われています。この記事で勧誘にあった際の対処方法をご参考になさってください。

互助会の勧誘手口と断り方

勧誘

どのようにして互助会の勧誘をされるのか、勧誘の手口や断り方を紹介します。

「損はさせない」

相談事例

先日、A社という冠婚葬祭互助会(以下、互助会)が「葬儀サービスの契約をしないか」と自宅に来訪した。

すでにB社の互助会に加入していることを告げると、「B社の互助会を解約したら返戻金を受け取ることができるから、その返戻金で当社と契約しないか」と勧められた。

B社の解約手続きが面倒であることを告げると、「私(A社)があなたの息子を装って、B社の解約手続きをしてあげる。損はさせない」などと強引に迫られた。断り切れず、解約手続きを頼み、A社と契約をしてしまった。

その後、B社の返戻金を受け取ることができなかったので、A社に返戻金の受け取りが遅れている理由を問い合わせたが、納得のいく説明をしてもらえない。

引用:千葉市高齢者等悪質商法被害防止ネットワーク

互助会の勧誘手口で基本的に多いのは「得する」「損はさせない」というものです。互助会に入ることで葬儀費用を抑えられることを一番のメリットして伝えてきます。

しかし、近年ではネットでの集客に力を入れているネット葬儀社が増えており、小規模の葬儀が主流となってきたため、互助会に入ったほうが損することも多くなっています。

互助会で葬儀をしたほうが安く済むのか、それとも通常の葬儀社に任せたほうが安く済むのか、双方から見積もりを取り寄せてよく比較しましょう

互助会 葬儀費用
互助会に加入すると葬儀費用はいくら安くなる?全額まかなえる?

葬儀費用をより安く抑えるために互助会に加入される方や検討している方は多いかと思います。 では互助会に加入することで具体的にいくら安くなるのか ...

続きを見る

「帰り際もしつこかった」

今日互助会の勧誘にあいました。営業の方の必死さとしつこさに不信で家計は主人が握ってるので相談します。と帰ってきました。明日電話がかかってきます。

調べるとあまりメリットはないようなので断りたいのですが、何と言えばすんなり身をひいてくださるでしょうか?ご主人はちゃんと分かってくれそうですか?奥さんがいいと思われてるなら頑張って説得してくださいよ!と帰り際もしつこかったです(´;︵;`)

引用:知恵袋

互助会の勧誘の多くは、非常にしつこいです。勧誘員もノルマが課せられているので、なんとかしてでも互助会に加入してもらいたいため必死です。

しかしその場でよく考えずに加入してしまうと後々後悔するので、「検討します」とだけ伝えて勧誘から脱しましょう

平均よりも安く葬儀ができる

㈱鎌倉新書による2020年第4回お葬式に関する全国調査によると、葬儀全体でかかった費用の平均はなんと119万1,900円との調査が出ています。

しかし調査する会社によっては200万円近い葬儀費用であるとの調査結果もあり、その結果を提示して「もっと安くできる」と勧誘してくる互助会もいるようです。

ごく一般的な葬儀であれば、一般葬でも60万円~から葬儀ができるので、互助会だけでなく通常の葬儀社も検討しましょう

費用
葬儀費用を安く抑える方法を大公開!コツや注意点も紹介

㈱鎌倉新書による2020年第4回お葬式に関する全国調査によると、葬儀全体でかかった費用の平均はなんと119万1,900円。 この金額には飲食 ...

続きを見る

積立金でまかなえる

「積み立てたお金で葬儀費用がまかなえる」と勧誘してくることもあります。

しかし、積立金だけで葬儀費用はまかなえません。互助会加入者は「会員価格」で利用できるだけなので、追加金が必要です

残される親族のためにも加入しておきましょう

「残される親族がお金で困らないためにも積立しておきましょう」と勧誘してくるところがあります。

しかし、互助会に加入して毎月積み立て完納していたとしても、ほとんどの場合で追加金が必要で。また、互助会での葬儀は葬儀費用が高額である会社が多いので、追加金で親族が困ってしまう場合も。

「自分で貯金します」と伝えて断りましょう。

日本全国に◯◯万人もの会員がいます

「互助会の加入者は日本全国に◯◯万人います」と勧誘してくる人もいます。実際、互助会の加入者(口数)は日本全国でおおよそ2300万件といわれている人気のサービスです。

しかし、互助会に入らずとも低価格で葬儀が行えるようになってきた現代では、年々加入者は減っています。「みんなが入っているから入っておこう」と思わないよう注意しましょう。

互助会の勧誘を受けた人の口コミ

口コミ・評判

互助会の勧誘を受けてどう思ったのか、実際の互助会の勧誘を受けた人の口コミを紹介します。

まとめ

互助会 勧誘手口

互助会の勧誘員はあらゆる巧みな言葉遣い・おいしい話で勧誘してきますが、おいしい話には裏があるかもしれません。勧誘されてもその場ではすぐに決断せず、互助会の会社をよく調べたり口コミを確認して、じっくりと検討してから加入するか決めましょう。

葬儀の準備をされている方は、互助会ではなく「通常の葬儀社」から検討することをおすすめします。

葬儀社 選び方
【今更聞けない】葬儀社の選び方を徹底解説【後悔しないための準備】

「葬儀社はどうやって決めるの?」 いざ葬儀社を選ぶとなると、何を基準に葬儀社を選べばいいのか迷う方がとても多いです。 このページでは、葬儀社 ...

続きを見る

-葬儀の準備・基礎知識

© 2021 葬儀ラボ