終活・エンディングノート

30代でエンディングノートを作るメリットとは?30代向けの書き方も解説

エンディングノートはお年寄りの方が作るもの・葬儀や延命治療など「死」にまつわることを考えるノートだから暗いイメージがある、と思われる方もいるでしょう。

なので「30代でエンディングノートを作るのはまだ早いのではないか」と思うかもしれませんが、親の死をきっかけにエンディングノートを書き始める人はとても多いです。

今回は、30代がエンディングノートを作るメリットやエンディングノートの書き方を紹介します。エンディングノートが気になっている30代の方はぜひ参考にしてみてください。

女性のためのマネーセミナー

将来に備えておくために、エンディングノートの作成と合わせてお金についても学んでみませんか?

  • マネーの基礎知識
  • プロの貯め方殖やし方
  • 保険のかしこい選び方
  • 老後の資金づくり
  • 資産運用について

これらを学べる女性限定の無料セミナーが全国各地で開催されています。

年間で約1000回開催されている大好評セミナーで、「女性(男性パートナー可)」であればどなたでも参加可能。セミナー後の電話や郵便での勧誘は一切ないため、「老後の資金が心配」「“お金”について勉強したい」「貯金を増やしたい」とお悩みの方におすすめです。

【参加無料】女性限定マネーセミナーの詳細はこちら‎

エンディングノートとは?

エンディングノートとは

エンディングノートとは、自分自身について考えたり介護や葬儀・相続等どうしたいのか今後のことについて考え、記録を残しておくノートです。

書き方に決まりはなく、自分が書きたいことを書けて何度も書き直しできるのが特徴です。

エンディングノートについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

エンディングノートとは
エンディングノートとは?書く理由やメリット・デメリットを紹介

最近「終活」といった自分の将来に関する事を考える人が増えています。そこで話題になっているものが「エンディングノート」です。 名前からしてあま ...

続きを見る

30代でエンディングノートを作るメリット

30代

メリット

  • もしもの時に備えておく
  • 子供に苦労をかけないように
  • 日常生活のメモにもなる

30代がエンディングノートを作るメリットとして1番挙げられるものは、やはり「もしもの時に備えておける」ということではないでしょうか。もしもの時とは、急な入院、ご逝去、その他想定外の事情です。

もしもの時は突然やってきます。エンディングノートにカードや銀行口座の情報や毎月支払いが生じるサービスの利用の有無など、あらかじめまとめておけば家族が手続きを行う際もスムーズに行えるでしょう。

また、30代で親をなくして子供に苦労をかけさせまい、と早くから準備に取り掛かる方も少なくないようです。

他にも、エンディングノートは日常生活でも役立ちます。財布を落とした際、あらかじめカードやサービス等の情報を記載しておけば紛失の問い合わせが円滑に行えます。

エンディングノートの書き方30代Ver.

書き方

30代がエンディングノートで特に書いておいたほうがいい項目を4つピックアップしてみました。どの項目から書けばいいのかわからない方は参考にしてみてください。

項目①資産に関すること

資産

資産とひとくくりにしても様々なものがあります。

  • 不動産
  • 証券
  • クレジットカード
  • 銀行口座 など

一軒家を持っている方は不動産関係、株を買っている方は証券関係、預貯金のある銀行口座などあらかじめ分けておき、リスト化しておくのがおすすめです。

項目②連絡先について

連絡先

親族や友人、知人の連絡先をまとめておきましょう。入院時やもしもの時に連絡を入れるかなど書いておくのがおすすめです。

余力がある方は、相手先ごとに自分との関係性を簡単に書いておくといいかもしれません。

名前 関係性 連絡先 連絡の有無
山田 花子 親族 電話:090-****-**** 入院時、もしもの時に連絡
田中 太郎 友人 メール:*****@***.com 入院時のみ連絡

項目③毎月費用がかかるものについて

費用

毎月支払いが発生するものは、光熱費のみならずインターネット料金やスポーツクラブなども含まれます。そういった毎月支払いが発生するものがあれば会員情報を記載しておきましょう。

  • 光熱費
  • インターネット料金
  • スポーツクラブ
  • 定額制動画配信サービス など

定期的に料金が発生していることに気づかずに結構な金額が引かれていたということも少なくありません。日常生活でも役立つので書いておくことをおすすめします。

項目④保険に関すること

保険

30代になって保険に加入している人は多いと思います。医療保険や自動車保険など保険の種類ごとに分けておき、保険会社や保険の内容を書いておきましょう。

担当者がいる場合は名前と連絡先を書いておくと、もしもの時に手続きがスムーズに行えます

保険の種類 担当者 連絡先 補足
◯◯医療保険 医療 花子 電話:090-****-**** 満期は20XX年1月
◯◯自動車保険 自動車 武 メール:*****@***.com 更新日は20XX年5月

\ 保険相談で無料プレゼントがもらえる

»保険相談サービスおすすめランキングを見る

書いておいたほうがいい項目まとめ

他にも書いておいたほうがいい項目と書く必要性の優先度はこちらです。各々で必要性は異なりますが、「◯」の項目から書いてみてください。

項目 書く必要性 備考
自分について 住所、生年月日、趣味・特技、SNS情報など
資産について クレジットカード、銀行口座に関する情報
医療と介護について 持病・基礎疾患など
葬儀とお墓について 書く必要はありません。
相続について 書く必要はありません。
遺言書について 書く必要はありません。
親戚や知人の連絡先 親戚・知人の電話番号やメールアドレス
大切な人に向けたメッセージ パートナーや子供がいらっしゃる方は書いておいてもいいかもしれません
自分史 このくらいの時期から振り返る人が多いです

エンディングノートにひと工夫加えることで活用しやすさアップ!

アップ

エンディングノートをただ作るだけではなく、一工夫加えることでさらに活用できます。そこで2つの活用方法を紹介します。

活用方法①自分が必要だと思う情報を付け足す

市販のエンディングノートで記載する場合、「こんな情報が欲しかったな」「こんなことを書いておきたい」と感じる方も少なくないようです。

そういった方は、市販のエンディングノートとは別に、ファイルやノートにまとめておくこともおすすめです。

特に30代で親を亡くされた方は、亡くなる前に自分が知っておきたかったと思う情報など書きやすいのではないでしょうか。

活用方法②書いて終わりではなく定期的に見直す

エンディングノートは一度書いて終わりではありません。自分の健康状態や友人知人の連絡先など、定期的な見直しが必要です。

見直しがしやすいように、健康診断結果など毎年届く書類をまとめられるファイルを作っておきましょう。健康診断結果から自分の健康状態に関する項目を見直すきっかけにもなりますし、他の項目も一緒に見直せます。

30代におすすめのエンディングノート3選

30代におすすめのエンディングノートを紹介します。30代の頃から自分に関することを振り返ったりすると思うので、そのような項目が充実しているエンディングノートです。

自分史年表+エンディングノート 令和版

K&Bパブリッシャーズ編集部
自分史年表+エンディングノート 令和版

サイズ B5
価格 1,320円
ページ数 127ページ
販売先 ネット通販・本屋
付属品 100年カレンダー
解説の有無 なし

このエンディングノートは、自分に関して細かく振り返ってみたい方におすすめです。特に一度自分を見つめ直してみたい方であれば世代関係なくおすすめできる一冊です。

もしものときも絶対に困らないエンディングノート

宝島社
もしものときも絶対に困らないエンディングノート

サイズ B5
価格 1,078円
ページ数 78ページ
販売先 ネット通販・本屋
付属品 ブックカバー、自筆遺言書キット
解説の有無 あり

自分で作成できる遺言書キットが別途付いておりますので、長く使う予定がある方にお勧めのノートです。30代では良い子笑を書くと言うのはまだ早いかと思いますが、数十年経った後役に立ってくれると思います。

ハッピーライフ エンディングノート

ヨシダヤ
ハッピーライフ エンディングノート

サイズ B5
価格 900円
ページ数 30ページ程度
販売先 ネット通販・ネット通販
付属品 -
解説の有無 あり

初めてエンディングノートを書く形やシンプルなエンディングノートが欲しいという方にオススメの一冊です。チェック形式でエンディングノートを作成できるので、過去に1度書くのをやめてしまった方にも、合うかと思います。

まとめ

今回は30代がエンディングノートを作るメリットやエンディングノートの書き方、活用方法を紹介しました。

30代となると、項目によっては少しずつ意識する部分も出てくるのではないでしょうか。エンディングノートはお年寄りが作るものと決めつけず、30代の方もぜひ書いてみてくださいね。

エンディングノートを早速作ってみたい方は、まずは無料のものから初めてみてはいかがでしょうか?

エンディングノート 無料配布
エンディングノート(終活ノート)は無料配布されている?入手方法を公開

市販のエンディングノートを購入して「自分が欲しかったものと違った」とならないためにも、まずは無料のエンディングノートから始めるのがおすすめで ...

続きを見る

自分だけのオリジナルなノートを作りたい!という方は、エンディングノートを手作りする方法をまとめたこちらの記事もご参考ください。

エンディング ノート 手作り
【自作】エンディングノートを手作りする方法は?手作りの手順や注意点を解説

自分の将来について考える終活の中でも、特に話題になっているエンディングノート。書店でもよく見かけるようになりました。 ですが「市販のエンディ ...

続きを見る

女性のためのマネーセミナー

将来に備えておくために、エンディングノートの作成と合わせてお金についても学んでみませんか?

  • マネーの基礎知識
  • プロの貯め方殖やし方
  • 保険のかしこい選び方
  • 老後の資金づくり
  • 資産運用について

これらを学べる女性限定の無料セミナーが全国各地で開催されています。

年間で約1000回開催されている大好評セミナーで、「女性(男性パートナー可)」であればどなたでも参加可能。セミナー後の電話や郵便での勧誘は一切ないため、「老後の資金が心配」「“お金”について勉強したい」「貯金を増やしたい」とお悩みの方におすすめです。

【参加無料】女性限定マネーセミナーの詳細はこちら‎

  • この記事を書いた人

浅田 尚行

「終活を身近に」を目標に、ライフエンディングに関わる疑問やメリット・デメリットを分かりやすく伝える活動をしています。【資格:終活ガイド資格1級】

-終活・エンディングノート