親が余命宣告されたら仕事は休職するべき?準備できることは4つ

親 余命宣告 された 準備 わずかな時間 できること

親の余命が残りわずかと知らされた

その時あなたは『何をするべきか、何ができるか』きっと深く悩むことでしょう。

悩む以前にあなたは今、気分だけが鉛のように重く、何もかも手に付かない。
気が抜けてぼんやりとした状況に陥っている方もいるかもしれません。

ただ、世の中には事故や災害によって、家族を突然失う方も大勢います。

「親と一緒にいられる時間が多少なりとも残されているのは、ある意味幸せ」
そう考えることもできるのかもしれません。

しかし、

「親が余命宣告され、これからどうしたらいいのか・・・」
いくら悩んでも、この問いに対する明確な答えは見つからないでしょう。

そこでこのページでは、

  • 『仕事は休職した方がいいか』
  • 『余命宣告されてから準備できること』

などまとめてみました。

記事の内容

  • 仕事は休職するべきか
  • 親が余命宣告され、わずかな時間でできること
  • 旅立つまでに準備しておくべき4つのこと

親が余命宣告されたら仕事は休職した方がいい?

親 余命宣告 された 準備 わずかな時間 できること

仕事を休職したい

親の看病をするため、そう思うかもしれません。
特に兄弟や他に頼れる家族がいない場合は、休職すべきか真剣に考えるはずです。

ただ、休職すると親は
自分のせいで子どもに迷惑をかけている
と思うかもしれません。
それが心理的負担になることも。

入院していて差し迫った状況でなければ、常時付き添いが必要ということはありません
休職するのであれば容態が悪化してからでも遅くはないはず。

いつも通り仕事をしながら、
『仕事の合間にお見舞いや看病に訪れる』
としたほうがきっと親も安心するでしょう。

『気持ちの面でも「特別」よりも「日常」を心がける』
その方が親もあなたも心穏やかに過ごせるのではないでしょうか。

もし本当に休職が必要になったら、その時は臆すること無く会社に相談しましょう。
会社によっては、休職以外に「在宅ワーク」という選択肢もあるかもしれません。

今後の生活のことも考えて、あなたにとっても負担が少ない方法を選びましょう。

親が余命宣告をされて、わずかな時間でできることとは?

親 余命宣告 された 準備 わずかな時間 できること

親が余命宣告されてからも、わずかな時間でできることはあります。

  • 主治医に相談して、無理のない範囲で温泉や旅行に行く。
  • 普段あまり家族全員が揃う機会がないのであれば、家族で食事をするだけでも思い出に。
  • 親の望みを聞いて、それを叶えてあげる。

どこに行くでも、何をするわけでもなく、ただ一緒にいてあげるだけでも貴重な時間です。

また、親が残された家族のことを心配しないよう、あなたが自立することで安心する思います。

そしてもう一つ。

親のことばかりではなく、『あなたが後悔しないためにはどうすればいいか』もよく考えてみてください。

私の場合は、

  • 余命宣告されるまで親孝行の一つもできなかった。
  • ろくに感謝の気持ちを言葉で伝えることができなかった。
  • 孫と過ごす時間をもっと多く作ってあげればよかった。

と、今でも後悔しています。

親もあなたも悔いが残らぬよう、限られた時間の中でできる限りのことをしてあげてください。

先々の準備をしておくことも大切

親 余命宣告 された 準備 わずかな時間 できること

現実から目を背けてばかりでは、いずれ必ず後悔する時がきます。

「あの時、ああしておけば良かった」
「あれもこれもわからない、どうしよう」

と後になってから後悔しないよう、準備しなければなりません。

 

ここからは、親が余命宣告されてから旅立つまでに準備しておくべき4つのことを紹介します。

決して焦らずに、家族や親戚と相談しながら少しずつ準備を進めていきましょう。

準備1:財産や形見分けのこと

『財産』は遠回しにでも必ず聞いて、把握しておかなければいけません

「どの銀行に口座があるのか」
「通帳はどこにあるのか」

直接聞かなければわかりませんよね。

口座も1つや2つではなく、複数あるかもしれません。
預貯金以外にも、現金、生命保険、有価証券、価値の高い絵画、骨董品、時計や宝飾品など…。

特に生命保険は加入者から請求しないとそのままなことが多く、
「貰えるはずの保険金が貰えなかった」
ということにもなりかねません。

また、形見分けは『誰に何をあげたらいいのか』を聞いておきましょう

もし価値の高い物を知らずにあげてしまったり、逆に価値の無い物をあげてしまったら、迷惑がられることも。

 

余命宣告された親から聞き出すのは気が引けるかもしれません。

ですが、わからないままでは後になってあなたが苦労します
残された家族が路頭に迷う姿を、親も決して見たくはないでしょう。

準備2:檀家になるつもりでいるなら

檀家になりたいのであれば、早めにお寺さんに相談しておきましょう。

  • 入檀するための条件や費用
  • お墓を建てる場所

など、あらかじめ確認しておく必要があります。

>>檀家になるには?費用はいくら?檀家になるメリット・デメリット

この時に必然的にお葬式のことも依頼できるので、その後の流れがとてもスムーズに。

ちなみに、お墓を建てるタイミングに決まりはないので急ぐ必要はありません。
優先順位を後にして、落ち着いた時に考えれば大丈夫です。

準備3:必要となる物や手続きを把握しておく

親が病院から自宅に帰ってきた時のために、布団を準備しておきましょう。
布団は普段使いのもので構いません。

また、旅立たれた直後には、

  • 通夜・葬儀・告別式の手配
  • 親族や関係者への連絡

など速やかに行わなければいけません。

 

他にも以下の手続きが早急に必要です。

  • 死亡診断書・死体検案書の手配
  • 死亡届の提出
  • 火葬許可申請書の提出
  • 年金受給停止の手続き
  • 世帯主変更届けの提出
  • 健康保険証の返却・資格喪失届けの提出

これらについても、事前に把握しておきましょう。

何をすればいいのか不安な場合は、早めに葬儀社を検討し、担当者に相談しておくことで安心できますよ。
>>おすすめ葬儀社ランキング

準備4:葬儀について決められることは決めておく

  • どこで葬儀を行うのか(葬儀場)
  • どんな葬儀にしたいのか(プラン)
  • 葬儀の予算はいくら位か(費用)

をできるだけ明確にしておきましょう。

また、葬儀社を3~5社ほど候補を挙げて、見積もりや下見をしておくことを強くおすすめします。

なぜなら、
葬儀が上手くいくかは葬儀社で9割決まる
と言われるほど、葬儀社選びはとても重要だからです。

『どの葬儀社にどんな内容で依頼するか』
によって、葬儀費用も全く違ったものになります。

「まだ生きているのにお葬式のことなんか・・・」

と、いつまでも現実から目を背けていると時間だけが過ぎていきます。

それでは当然金銭的にも、何より親が喜びません。
満足のいく葬儀をあげることはまず不可能です。

そうならないためにも、早い時期から余裕を持って葬儀社を検討しておきましょう。

まとめ

まとめ

  • 入院していて差し迫った状況でなければ、常時付き添いが必要ということはない
  • 親が余命宣告されたら、自分も悔いが残らないよう、できる限りのことをする
  • 「財産や形見分け」を聞いておく
  • 檀家になりたい方は、早めにお寺さんに相談
  • 必要となる物や手続きを把握しておく
  • 葬儀について決めておく

親が余命宣告されてしまっても、残りの時間を悔いが残らぬよう行動、そして旅立たれてから焦らないよう準備しておきましょう。

おすすめ葬儀社ランキング

アーバンフューネス

アーバンフューネス

アーバンフューネスは、東京・神奈川・埼玉・千葉が対応エリアの「葬儀専門会社」です。
葬儀の始まりから終わりまで全て自社社員が担当するため、お客様の要望に沿ったお葬式にしてくれます。1円単位の見積もり、相談は期限なく無料、お葬式後の手続きもサポートしてくれるなど、満足度の高さが特徴です。

よりそうのお葬式

よりそうのお葬式

よりそうのお葬式は、葬儀に必要なものだけを絞ったシンプルなプランが特徴です。
年間相談件数30,000件以上、日本全国で利用できる斎場は3,000箇所もあるなど、多くの人に利用されています。事前予約で最大60,000円割引されるサービスや、葬儀社としては珍しい返金保証も。

小さなお葬式

小さなお葬式

小さなお葬式はその名の通り、「小さな家族葬に特化し、徹底的に価格を見直し無駄を省いた低価格プラン」が特徴の葬儀社です。
47都道府県全てが対応エリアで、利用できる斎場は4,000箇所以上。葬儀実績累計15万件以上、累計相談件数は65万件以上と業界No1の実績も特徴です。

-葬儀の準備で大切なこと

Copyright© 葬儀ラボ , 2020 All Rights Reserved.