親が余命宣告されたら仕事は休職するべき?準備できることは4つ

親 家族 余命宣告 仕事 休職

「親の余命が残りわずかと知らされた」

その時あなたは『何をするべきか、何ができるか』きっと深く悩むことでしょう。悩む以前にあなたは今、気分だけが鉛のように重く、何もかも手に付かない。気が抜けてぼんやりとした状況に陥っている方もいるかもしれません。

ただ、世の中には事故や災害によって、家族を突然失う方も大勢います。「親と一緒にいられる時間が多少なりとも残されているのは、ある意味幸せ」と考えることもできるのかもしれません。

しかし、「親が余命宣告され、これからどうしたらいいのか」といくら悩んでも明確な答えは見つからないでしょう。

そこで「仕事は休職した方がいいか」「余命宣告されてから準備できること」などまとめました。親が余命宣告されてどうすればいいのか参考になれば嬉しいです。

記事の内容

  • 仕事は休職するべきか
  • 親が余命宣告され、わずかな時間でできること
  • 旅立つまでに準備しておくべき4つのこと

親が余命宣告されたら仕事は休職した方がいい?

仕事を休職したい

親の看病をするため、仕事を休職するべきか迷うと思います。特に兄弟や他に頼れる家族がいない場合は、休職するべきか真剣に考えるはずです。

しかし、もし休職してしまうと親は「自分のせいで子どもに迷惑をかけている」と思うかもしれません。それが親の精神的負担になることも。

そのため、入院していて差し迫った状況でなければ、常時付き添いが必要ということはありません。休職するのであれば容態が悪くなってしまった時でも遅くはありません。

いつも通り仕事をしながら、仕事の合間にお見舞いや看病に訪れる。そうしたほうがきっと親も安心するでしょう。

気持ちの面でも「特別」よりも「日常」を心がけることで、親もあなたも心穏やかに過ごせると思います。

もし本当に休職が必要になったら、その時は会社に相談しましょう。会社によっては、休職以外に「在宅ワーク」という選択肢もあるかもしれません。今後の生活のことも考えて、あなたにとって負担が少ない方法を選びましょう。

親が余命宣告されて、わずかな時間でできること

親が余命宣告されてからも、わずかな時間でできることはいくつもあります。

  • 主治医に相談して、無理のない範囲で温泉や旅行に行く
  • 普段あまり家族全員が揃う機会がないのであれば、家族で食事をするだけでも思い出に
  • 親の望みを聞いて、叶えてあげる

どこに行くでも、何をするわけでもなく、ただ一緒にいてあげるだけでも貴重な時間です。また、親が残された家族のことを心配しないよう、あなたが自立することで安心すると思います。

そして、親のことばかりではなく『あなたが後悔しないためにはどうすればいいか』もよく考えましょう。

  • 余命宣告されるまで親孝行の一つもできなかった
  • ろくに感謝の気持ちを言葉で伝えることができなかった
  • 孫と過ごす時間をもっと多く作ってあげればよかった

私の場合は、死去からすでに2年近く経った今でもこのように後悔しています。親もあなたも悔いが残らぬよう、限られた時間の中でできる限りのことをしてあげてください。

旅立つまでに準備しておくべき4つのこと

親が余命宣告された現実から目を背けてばかりでは、いずれ後悔する時が必ず来ます。

「あの時、ああしておけば良かった」
「あれもこれもわからない、どうしよう」

そのように後悔しないよう準備を進めていかなければいけません。

ここからは、親が余命宣告されてから旅立つまでに準備しておくべき4つのことを紹介します。決して焦らずに、親族と相談しながら少しずつ準備を進めていきましょう。

準備1:財産や形見分けを聞いておく

『財産』は遠回しにでも聞いて、必ず把握しておかなければいけません

「どの銀行に口座があるのか」
「通帳はどこにあるのか」

など直接聞かなければわかりませんよね。

口座も1つや2つではなく、複数あるかもしれません。預貯金以外にも、現金、生命保険、有価証券、価値の高い絵画、骨董品、時計や宝飾品など。特に生命保険は加入者から請求しないとそのままなことが多く、「もらえるはずの保険金がもらえなかった」ということにもなりかねません。

また、形見分けは『誰に何をあげたらいいのか』を聞いておきましょう。もし価値の高い物を知らずにあげてしまったり、逆に価値の無い物をあげてしまったら迷惑がられることも。

余命宣告された親から財産について聞くのは気が引けるかもしれません。ですが、わからないままでは後になってあなたが苦労します。残された家族が路頭に迷う姿を、親は決して見たくないでしょう。

準備2:檀家についてお寺に相談

檀家になりたいのであれば、早めにお寺さんに相談しておきましょう。

  • 入檀するための条件や費用
  • お墓を建てる場所

など、あらかじめ確認しておく必要があります。

>>檀家になるには?費用はいくら?檀家になるメリット・デメリット

この時に必然的にお葬式のことも依頼できるので、その後の流れがとてもスムーズに。

ちなみに、お墓を建てるタイミングに決まりはないので急ぐ必要はありません。優先順位を後にして、落ち着いた時に考えれば大丈夫です。

準備3:必要となる作業や手続きを確認

旅立たれた直後には、速やかに行わなければいけないことがあります。

  • 通夜・葬儀・告別式の手配
  • 親族や関係者への連絡

他にも以下の手続きが早急に必要です。

  • 死亡診断書・死体検案書の手配
  • 死亡届の提出
  • 火葬許可申請書の提出
  • 年金受給停止の手続き
  • 世帯主変更届けの提出
  • 健康保険証の返却・資格喪失届けの提出

これらについても事前に把握しておきましょう。何をすればいいのかわからず不安な場合は、信頼のできる葬儀社を見つけて相談しておくことで、一つ一つ丁寧に教えてくれるので安心できますよ。

>>おすすめ葬儀社ランキング|品質・価格・満足度を徹底調査

準備4:葬儀について決めておく

  • 葬儀を行う斎場
  • 葬儀の形式(一般葬や家族葬など)
  • 葬儀の予算

上記のことをできるだけ明確にしておきましょう。そして葬儀社3~5社から見積もりをしておくことを強くおすすめします。

お葬式の良し悪しは葬儀社で9割決まる」と言われるほど、葬儀社選びは重要です。どの葬儀社に依頼するかによって、葬儀費用も全く違います。

「まだお葬式のことは考えられない」と現実から目を背け、もしもの時が来てから葬儀社を探すのでは、納得いく葬儀は行なえません。

後悔しないためにも、早い時期から余裕を持って葬儀社を検討し、葬儀の準備を少しずつ進めていきましょう。

まとめ

まとめ

  • 差し迫った状況でなければ、常時の付き添いは必要ない
  • 親が余命宣告されたら、できる限りのことをする
  • 財産や形見分け」を必ず聞いておく
  • 檀家になりたい方は、早めにお寺に相談
  • 必要となる作業や手続きを確認しておく
  • 信頼できる葬儀社を見つける

親が余命宣告されても、残りの時間を悔いが残らぬよう行動。そして旅立たれてから焦らないためにも、気になる葬儀社を見つけたら資料や見積もりを取り寄せて、早め早めに準備していきましょう。

葬儀ラボおすすめ葬儀社

お葬式のむすびす(旧 アーバンフューネス)

お葬式のむすびす

その人らしいお葬式を実現、ガイアの夜明け・NHKで紹介された今注目の葬儀社

「費用を抑えつつも大切な人の最後はしっかりとお見送りしたい」という方におすすめな葬儀社が『お葬式のむすびす』です。

相談から実際の葬儀まで全てのサービスを自社社員が提供。「お客様の要望には柔軟に対応してくれる」のが大きな魅力です。予算に合わせて「その人らしいお葬式」を提案してくれるため、心温かなお見送りができます。

他にも魅力的なサービスが盛り沢山。詳細は公式サイトで確認してみてください。いまなら資料請求で、当日から使える最大50000円引きクーポン付きです。

よりそうのお葬式

よりそうのお葬式

お客様満足度97%・全額返金保証付き・全国対応の安心葬儀社

昨今、シンプルなお葬式をお考えの方が増えています。そんな需要に答えて低価格セットプランを提供しているのが『よりそうのお葬式』です。

葬儀に必要なものだけを揃えたプランの価格は、なんと全国平均の半分以下満足できなかった場合の「全額返金保証」も付いており、他社とは安心感が違います。

葬儀は日本全国3,700もの斎場に対応し、年間相談件数は「5万件以上」お客様満足度は「97%」

低価格でシンプルなお葬式をご希望の方は、公式サイトで詳しく確認してみてください。資料請求+事前・式後アンケートで葬儀費用が最大60,000円引きです。

小さなお葬式

小さなお葬式

「葬儀受注件数」3年連続No1、全国4,000以上の斎場に対応

葬儀が初めてで不安という方でも迷うことなく任せられる葬儀社が『小さなお葬式』です。

基本プランは小規模葬儀に特化した5つのみ。どのプランも必要最小限のものしか含まれていないので、業界トップレベルの低価格を実現。安心の返金保証付きです。

葬儀実績は「累計15万件以上」と業界No1を誇り、日本全国4,000以上の斎場から条件に合った場所を選べます。

小規模の葬儀をご希望で「実績No1の葬儀社に任せたい方」は小さなお葬式を検討してはいかがでしょうか。無料の資料請求で、費用が最大10,000円割引&喪主が必ず読む本付きです。

-葬儀の準備・基礎知識

© 2020 葬儀ラボ