葬儀の準備で大切なこと

葬儀費用は誰が支払う?香典を当てにすると痛い目に遭うという話

葬儀費用 誰が支払う 香典

「お葬式といえば、葬儀費用がやっぱり気になる。」

「でも、香典があるからそんなにシビアに考えなくても・・・。」

もしかして、あなたはそんな風に考えていませんか?

実は私も親のお葬式を挙げる前は、費用についてはかなり楽観視をしていたタイプです。

もっと言えば「香典が沢山集まるように多くの人が参列してくれないかな」と、内心少しだけ期待していたというのが正直なところです。

でも、後で気付いたのですが、香典を当てにして葬儀費用について甘く考えていると・・・。

後でほぼ例外なく痛い目に遭ってしまうんですよ!

「それって一体どういうこと?」

もし、そんな風にあまりピンときていないのであれば、ぜひこの続きを参考にしてみてください。

これからお話しするのは、喪主経験のある私が香典について学んだことや失敗したことなど。

結局、お葬式にはお金がかかるし、それを負担するのは喪主または施主の方なんですよ。

あなたはくれぐれも葬儀費用のことで失敗しないように、以下のことを十分に意識するように心がけてください。

香典の「金額」に関する3つのポイント

葬儀費用 誰が支払う 香典

編集長 ツムグ
まずは香典の「金額」に関係することで、知っておきたい3つのポイントを解説したいと思います。

香典の相場や目安

当たり前かもしれませんが、香典の金額にはコレといった決まりがありません。

ただ、おおよその「相場」「目安」と呼べるものなら存在するので、それらをザックリとでも理解しておくといいでしょう。

仮に「親」のお葬式の場合、集まる香典の金額はそれぞれ以下のようになるのが一般的です。

故人(親)との間柄 金額
子ども 50,000~100,000円
兄弟姉妹  30,000~50,000円
叔父・叔母 30,000円
その他の親戚 10,000~30,000円
友人やその家族 5,000~10,000円
仕事関係 5,000円
隣人や近所 3,000~10,000円
その他お付き合い 3,000~10,000円

当然、故人との関係が深いほど香典の金額は高額になります。

中には子どもや兄弟姉妹で、200,000~300,000円を出すといったケースも決して珍しくありません。

親族や親戚以外は10,000円以下が殆どで、その中で5,000円のケースが圧倒的に多くなります。

返礼品は半返しが基本?

香典を戴いたらお返しとして、返礼品を用意しなければいけませんよね?

最近では「当日返し」といって、お葬式の当日に返礼品をお渡しする場合が殆どです。

また返礼品は、例えばお茶とお菓子など2種類の品物を用意しておき、5,000円の香典にはお茶とお菓子を、3,000円の香典にはお茶のみをお渡しするといった具合に、金額によって差を付けるのが一般的です。

返礼品は「半返し」とよく言われますが、実際には5割から3割くらいで返す方が多いようです。

なので、5,000円の香典には、2,500円から1,500円相当の品物ということになりますね。

逆に5割を超えてしまうと、相手の厚意を無にすることになるので、それはやめておきましょう。

親族や親戚、また10,000円以上の香典の方には、返礼品に加えて食事を用意するのがやはり一般的なやり方です。

もしかしたら、親族や親戚以外から思いがけず高額な香典を戴くことがあるかもしれません。

その場合は、後日改めて品物を贈り、当日返しと合わせて半返しに見合うようにするのがマナーだといわれています。

尚、親族や親戚に対しては今後もお付き合いが続きますし、お互い様ということで、特にそのような配慮をしなくても問題は無いと思います。

香典金額の皮算用は当たらない

以上のことから、

「香典で葬儀費用が賄えそう」

「それどころかプラスになりそう」

そう思ったかもしれませんね。

後はどれだけの数の参列者がいるかですが、ただ、こればっかりは「家族葬」でない限りお葬式をやってみなければわからないでしょう。

なぜなら、親族や親戚以外の人がどれだけ来てくれるのかを的中させるのは、まず不可能だからです。

特に仕事関係の人がどれだけ来てくれるのかは、全くと言っていいほど検討が付かないのではないでしょうか。

編集長 ツムグ
一つ私の父のお葬式を例に挙げると「仕事関係の人が予想よりも大幅に少なかった」ということがありました。

元営業マンで多くの人と繋がりがあった父ですが、定年退職して10年以上も経つと、その関係の人はもう殆ど来ないということをその時に身を持って感じました。

勿論、お葬式の前には必ず参列者の数を予測しなければいけませんが、ただ、香典金額の皮算用をしても当たらないので、端から期待はしない方がいいと思います。

新聞の訃報欄を活用する意味

葬儀費用 誰が支払う 香典

「新聞に訃報を掲載することで、香典を沢山集めよう。」

そう思ったのであれば、それは全くの見当違いです。

新聞の訃報欄を活用するのは、「家族が亡くなったことをできる限り広く必要な人に知らせること」が目的です。

親が生前お世話になった人を全て把握しているという人は、きっといないのではないでしょうか。

だからこそ、広告の力を借りてお世話になった人に知ってもらいたい。

それ以外の目的はあり得ません。

勿論、新聞の訃報欄を活用するもしないも、遺族が自由に決められることです。

亡くなったことを知られたくないという人も大勢いますし、むしろ、訃報を掲載しない人の方が多いのかもしれません。

尚、新聞に訃報を掲載する場合、その殆どが有料です。

料金は全国紙と地方紙では大きく異なり、また掲載するスペースによっても異なります。

安くても数万円から、スペースを大きく取れば百万円を超えることもあります。

葬儀費用は喪主の負担になる理由

葬儀費用 誰が支払う 香典

「結局、お葬式にはお金がかかるし、それを負担するのは喪主または施主の方なんですよ。」

と、冒頭で書いたその決定的な理由について、今からお話ししようと思います。

それは、結論から言うと、香典は参列者の気持ちなので、それはいつか返さなければいけないということ。

ちょっと話が抽象的なのでわかりにくいかもしれませんが、具体的にはこういうことです。

葬儀費用 誰が支払う 香典

お葬式では「誰から」「いくら」戴いたのかを必ず記録するようになっています。

その記録した物を「香典帳」とか「慶弔記録帳」などというのですが、要はそれをお葬式が終わってからも喪主(または施主)がずっと管理することになるのです。

葬儀費用 誰が支払う 香典

そして、香典を戴いた方の家で不幸があった場合に、その香典帳を開いて金額を確認し、同じ金額の香典をお返しするのがマナー。

もし、自分が不幸があったことに気付かなかったとしても、それを親戚の誰かが親切に教えてくれるといったことは、とてもよくあることです。

となれば当然、喪主(または施主)以外に香典を用意する人は他にいません。

そんな時に「親の葬儀費用は結局自分が負担していた」という事実を、改めてしみじみと感じるはずです。

葬儀で無駄な出費を防ぐためには

葬儀費用 誰が支払う 香典

ということで、喪主(または施主)とは、結局は早かれ遅かれ葬儀費用を負担しければならない立場にあるということです。

私もそのことに始めから気付いていれば、

「お葬式の打ち合わせの時に、もっと費用についても真剣に考えていたのになぁ・・・。」

と、後悔することは無かったと思います。

なので、あなたがお葬式の打ち合わせをする時は、葬儀費用は自分が負担するものとして、真剣に考えるようにしてください。

とは言え、必要なものが足りなかったり、グレードを落とすことで満足のいくお葬式にならなかったりしたら、それでは本末転倒です。

大切なのは「必要なものを必要なだけ」用意すること。

単に「安さ」を謳う葬儀社を探すことや、内容がよくわからない見積り金額を比べることではありません。

このサイトでもう何回も言っていることですが、葬儀費用は項目が多岐に渡るので、素人が見積もりを見ただけでは、安いかどうかはよくわからないはずです。

よって、信頼できる葬儀社をまず探すことから始めてください。

そして、コレだと思う葬儀社が見つかったら、そこに

  • どんなお葬式にしたいのか
  • 予算はいくらなのか

この2つをしっかりと伝え、納得がいくまで何度でも相談をしたり、見積もりを出してもらうようにしてください。

編集長 ツムグ
ここまですれば、きっとお葬式で無駄な出費をすることは無いと思います。

いい葬儀社の見つけ方とは?

お葬式の成否は「葬儀社」で決まります。

まだ葬儀社が決まっていないなら、今すぐチェック!

お急ぎの場合はこちらをどうぞ。
⇒今すぐ葬儀手配が必要な方へ

まだ時間に余裕があるなら、こちらを参考にまずは資料請求と無料見積りをしてみましょう。
⇒葬儀社おすすめランキング3選!口コミや評判がいいのはどこ?

-葬儀の準備で大切なこと

Copyright© 葬儀ラボ , 2020 All Rights Reserved.