マンションは遺体安置できない?隣人や住民に報告(連絡)は必要?

マンション 遺体安置

「マンションに遺体を安置することで、クレームやトラブルになったりしないか」

「そもそも、マンションの管理規約によって禁止されていないだろうか」

そんな不安をお持ちであれば、このページを参考にしてみてください。

大切な人を、せめて最後くらいは家に帰らせてあげたい。特に病気で入院が長かったのであれば、例え戸建ての家でなくても、帰らせてあげたいと想う気持ちは極々自然なことだと思います。

ただ、マンションというと、同じ建物内に住む人たちとの関係や、部屋のスペースの問題、通路やエレベーターなど物理的に搬送ができるのか、といった気になる点がいくつもあるはずです。

そんなマンションでの遺体安置について、おそらくあなたが気になっているであろうことをまとめてみました。

あなたと大切な人にとって、果たして自宅であるマンションに帰ることがベストな選択といえるでしょうか。それとも、他にもっと良い方法があるのでしょうか。

このページを参考によく考えてみてください。

こんな場合は安置が可能?

マンションでの遺体安置について気になることといえば、次の3つのうちのいずれかではないでしょうか?

部屋が狭い、仏間がない

遺体を安置する場所は、本来であれば仏壇がある仏間になるのが一般的です。

ただ最近では戸建ての家であっても仏間がある方が珍しいのに、それがマンションともなれば仏壇はないでしょう。

なので理想は仏間ですが、なければ客間でも問題ありません。マンションではその客間ですら十分なスペースを確保できないことも考えられますが、そこはなんとか、せめて布団1枚と枕飾りなどを置くスペースだけでも確保したいところです。

あと、布団の向きは遺体の頭を北向きに寝かせられるように設置しなければいけません。

それさえできれば、しきたりはどうあれ、安置することは可能です。

エレベーターや通路が狭い

エレベーターや通路、階段が狭いことを理由に「マンションでの安置は無理」と思い込んでいる人は、多いのではないでしょうか。

でも、プロの葬儀社にお任せすれば、無理なケースは「ほぼ有り得ない」と言っていいでしょう。まともな葬儀社であれば、2人体制でストレッチャー(担架)を使い、ひと一人が通れるスペースさえあれば搬送が可能なはずです。

ただし狭い角やエレベーターなどは遺体を縦にしなければ通れない(入れない)ので、そこは遺族の了承が必要になります。

また、出棺の際もそのような場所では棺が通れないので、棺と遺体を別々に搬送したり、外階段を利用するなどの対応が取られるはずです。遺族は予めそのような点を理解しておかなければいけません。

マンションによっては、エレベーターの壁面を内側から鍵で開けてスペースを広げられる(トランクルームを兼ね備えている)エレベーターもあるようです。エレベーターを広くする場合は、当然その鍵が必要なので、事前にマンションの管理事務所などに相談をしておきましょう。

マンションの管理規約で禁止されている?

ネットでお葬式について調べていると、「マンションによっては管理規約で遺体の安置ができないこともある」といった情報をたまにですが見かけることがあります。

ただ、実際にはどうなのかというと、少なからず私は「遺体の安置ができなかった」という人の体験談を1件たりとも見聞きしたことがありません。それどころか「今まで何度も安置しているが問題になったという話は聞いたことがない」という葬儀社の方もいるくらいです。

「マンションだから」という理由だけで遺体安置ができないということはありません。
マンションの場合でも、ご遺体の安置は可能です。

引用:北のお葬式

なので、実際に遺体の安置を禁止しているマンションがあったとしても、おそらくそのようなケースの方が少ないものと思われます。

もし、禁止かどうかわかれなければ、マンションの管理会社に聞いてみましょう。

仮に禁止だったとしても、負い目を感じることは何もありません。故人を家に帰してあげたいと想う気持ちは、遺族であれば極々自然なことだからです。また、マンションに遺体を安置することは法律的な観点からしても、当然ですが全く問題のないことです。

なので「そのようなことを聞いてもいいのか」と、悩む必要も全くないということですね。

近隣住民への配慮は必要?

マンションに遺体を安置することに問題はないにしても、やはり周囲への配慮は忘れずにしたいものです。遺体を安置するだけでなく、弔問やお葬式の準備などで人の出入りが激しくなるからです。

周囲からすれば、普段通りの静かな生活というわけには必ずしもいかなくなるでしょう。

では、どのような配慮が必要になるのかというと、それは最低限そのマンションの主だった人には「申し入れ」をするということです。

具体的には、マンションの管理会社、組長、賃貸であれば大家などです。さらに、両隣や上下階の住人と日頃交流があるのであれば、その人たちにも一言あいさつに行っておいた方がいいでしょう。

もし「相談できる人がいなくて、どうしたらいいかよくわからない」そのような場合、最も簡単なのは、その道のプロである葬儀社にアドバイスを求めることです。わからないことは恥ずかしがらずに、葬儀社にありのままを電話やメールで聞いてみましょう。

葬儀社というのは、お葬式のこと以外にも「終活のことなら何でも聞いてください」というスタンスのところが、実は意外に多いです。相談だけなら無料なので、もし葬儀社が決まっていないなら、検討も兼ねて気軽に問い合わせてみるといいでしょう。

マンションでの安置が難しいと感じたら

色々と考えた結果、マンションに遺体を安置するのは色々大変、他の方法を検討したい。

そう思うこともあるでしょう。その場合、他の選択肢としては次の3つが挙げられます。

  • 斎場・葬儀社の安置所
  • 民営の安置所(遺体のホテル)
  • 公営の安置所

それぞれコストやサービスの面でメリットやデメリットがあったり、条件や制限もあったりするので、一概にどれがいいとは言えないものです。また、いざという時になってからでは、希望通りに安置所を利用できないことは往々にしてあるので注意が必要です。

なので、お葬式の準備と合わせて、どこに安置するかもなるべく早めに検討をしておきましょう。その際、頼りになる葬儀社があれば、そこに相談してみるのが最も確実な方法だと思います。

公営斎場と民営斎場の違いについてはこちらの記事もご参考ください。

公営斎場 民営斎場 違い決め方
公営斎場と民営斎場の違いは?斎場(葬儀場)の決め方は?

「斎場の決め方のポイントを知りたい」 「斎場は公営と民営のどちらがいいのか」 このページでは、斎場を決める際のポイントや公営斎場と民営斎場の ...

続きを見る

-葬儀の準備・基礎知識

© 2021 葬儀ラボ